専門技術者認定とは       GIS教育認定とは         サイトマップ
 Home                                                                          last update 2017.6.30

ようこそ!GIS資格認定協会(GISCA)へ

2014-7-22 GIS上級技術者認定新規申請・更新申請のマニュアル,申請書式を更新しました。
+ お知らせ
2017-6-2
GIS名誉上級技術者贈呈式のご案内
GIS資格認定協会では、GISの活用・普及の推進に優れた功績を有し、長年GIS分野に貢献された方にGIS名誉上級技術者の称号をお贈りしております。この度、4名の方にGIS名誉上級技術者称号をお贈りすることになり、贈呈式を開催いたします。
当日は、GIS名誉技術者称号をお贈りする4名の先生による記念講演も行います。ご多忙中とは存じますが、ぜひご参加ください。

2016-9-6
第25回学術研究発表大会 GISCA特別セッションのご案内
1960年代に本格的な研究が始まった地理空間情報技術は、半世紀経った今日、AR技術を使ったゲームに使われるなど、社会に大きな影響を与えるまでになっています。また、フリーでオープンなソフトやデータの使用が日常化し、行政のためのソフトを自ら開発したり、ボイランティアとして開発・提供したりする市民も現れてきました。そのような中、地理情報やGISを使ったサービスを提供してきたGIS系企業は、このままでは「時代に取り残される」かもしれません。今日の状況を再認識し、役割を再定義し、GIS系企業がより成長するためには、何をすればよいか、参加者がアイデアを出し合うことを目的として、アイデアソンを企画しました。

2016-8-1
第2回地理空間情報技術講座 (GITEC)のご案内
2016 年8 月19 日(金)〜21日(日) 第2回地理空間情報技術講座 (GITEC)を開講いたします。
地理空間情報技術及び地理情報標準に関する知識の習得を望む方、
あるいは、再度体系的な学習をしたいとお考えの方にお奨めいたします。

2015-9-9
GISCA特別セッション発表の募集を9月18日(金)までに延長します。
上級技術者の皆様は、応募をご検討いただけましたら幸いです。
ご不明点等ございましたら、ご遠慮なく事務局までご連絡ください。

2015-8-7
GISCA特別セッション発表の募集と参加のご案内
2015年10月11日(日)地理情報システム学会第24回学術研究発表大会の中でGISCAと特別セッションをを開催いたします。つきましては、GIS上級技術者の皆様方から発表の募集と、広く皆様方の参加のご案内をいたします。ご不明点等ございましたら、ご遠慮なく事務局までご連絡ください。

2015-7-1
GIS上級技術者会議 参加者追加募集のご案内
2015年7月17日(金)GIS上級技術者会議のを開催いたします。つきましては、GIS上級技術者の皆様方の参加の追加募集をいたします。
ご不明点等ございましたら、ご遠慮なく事務局までご連絡ください。

2015-01-14
2013年12月15日(日)に開催したGISCA特別シンポジウムの自治体SIGセッションの議事録を公開資料のページで公開しました。

2014-11-27
GISCA特別セッションの資料について
第23回GIS学会学術大会内で開催されましたGISCA特別セッションの資料を公開しました。

2014-09-03
GISCA特別セッション 公募案内について
第23回GIS学会学術大会内で開催予定のGISCA特別セッションについて応募要項を掲載いたしましたので、 上級技術者の皆様は、応募をご検討いただけましたら幸いです。
ご不明点等ございましたら、ご遠慮なく事務局までご連絡ください。

2014-07-22
GIS上級技術者認定申請マニュアル,申請書式更新のお知らせ
GIS上級技術者認定新規申請・更新申請に伴うマニュアル,申請書式を更新しました。 申請においては、マニュアルをよくお読みいただき、最新の様式で申請をいただけますようお願いいたします。主な変更点は、以下のとおりです。
※教育ポイントの学習時間比率(2倍)に関する説明を詳細化しました。 2014年1月1日をもって、更新申請における教育ポイントの学習時間比率は、3倍→2倍に変更されました。現在も、誤って3倍で計算・申請されるケースがあるため、より分かりやすい説明を記載しました。 ご不明点等ございましたら、ご遠慮なく事務局までご連絡ください。

2014-01-17
GISCA特別シンポジウムを開催いたしました
2013年12月15日(日)に開催いたしました「GISCA特別シンポジウム」は,おかげさまで盛会のうちに終了いたしました。ご参加いただいた皆様に心より御礼申し上げます。
なお、当日の発表資料は、本ページよりダウンロード頂けます。

2013-12-25
年末年始休業のお知らせ
誠に勝手ながら,2013年12月28日〜2014年1月5日の間,GIS資格認定協会の事務処理を休業させていただきます。メールの受付は行っておりますが,返信が遅くなることをご了承ください。また,この間にファイル転送サービスを利用される場合,ダウンロードの有効期限にご注意ください。休業期間中にいただいたメールへの対応は,2014年1月8日までに行います。万が一期日までに返信がない場合は,お手数ですが再度ご連絡いただきますようお願い致します。

2013-07-16
GIS上級技術者認定申請マニュアル,申請書式更新のお知らせ
GIS上級技術者認定新規申請・更新申請に伴うマニュアル,新規申請書式を更新しました。

2013-06-25
GIS上級技術者認定申請マニュアル,申請書式更新のお知らせ
GIS上級技術者認定新規申請・更新申請に伴うマニュアル,申請書式を更新しました。     

※主な変更点は、以下のとおりです。
・新規申請の履修ポイント(教育達成度)の算出に使う「実質活動時間(学修時間)」の計算方法が変更されました。国内の高等教育機関が一般的に使用している学修時間の比率を採用し、履修時間の3倍→2倍へ変更されました。なお、更新申請については、現状では変更がありませんが、2014年1月1日以降は、新規申請と同様の計算方法となります。
・新規申請における、教育達成度・貢献達成度ポイントの加算根拠書類提出が必須となりました。

変更点の詳細については、申請書類の更新履歴をご確認ください。申請においては、マニュアルをよくお読みいただき、最新の様式で申請をいただけますようお願いいたします。
ご不明点等ございましたら、ご遠慮なく事務局までご連絡ください。

2012-12-10
年末年始休業のお知らせ
誠に勝手ながら,2012年12月29日〜2013年1月6日の間,GIS資格認定協会の事務処理を休業させていただきます。メールの受付は行っておりますが,返信が遅くなることをご了承ください。また,この間にファイル転送サービスを利用される場合,ダウンロードの有効期限にご注意ください。休業期間中にいただいたメールへの対応は,2013年1月9日までに行います。万が一期日までに返信がない場合は,お手数ですが再度ご連絡いただきますようお願い致します。     
※GIS上級技術者認定の既得権による申請の受付は,2012 年 12 月 31日を期日としています。申請される方は,期日までに事務局まで申請書をご送付ください。期日以降は,通常の申請のみ受付いたしますので,ご注意ください。

2012-10-05
既得権規程の有効期限のお知らせ
GIS上級技術者認定では、既得権による申請の受付は、2012 年 12 月 31日までです。     
この期日以降は既得権申請ができなくなり、全ての申請者には通常の申請手続きをしていただく必要がありますので、申請を検討されている方は、ご注意ください。     

※既得権は、実務経験を積んだ人々のためにある制度です。     
既得権は経験のみに基づく認定制度であり、経験値により他の 2 つの達成度(教育、貢献)のカテゴリでの不足を補うことができます。

2012-09-06
GIS上級技術者更新申請マニュアル更新のお知らせ
GIS上級技術者更新申請マニュアルを更新しました。

2012-06-19
GIS上級技術者認定申請マニュアル更新のお知らせ
GIS上級技術者認定申請マニュアルを更新しました。

2012-04-23
GIS上級技術者認定申請マニュアル,申請書式更新のお知らせ
GIS上級技術者認定新規申請・更新申請に伴うマニュアル,申請書式を更新しました。

2012-03-15
GIS上級技術者認定規程  改正のお知らせ
GIS上級技術者認定規程(2011-05-21)が改正され、2012年5月1日より執行されます。     
改正にともない、今後申請又は更新申請いただく方は、以下のいずれかの条件を満たす必要がございます。
・GIS学会員であること
・関連学協会等(現在は、地理学会、人文地理学会、リモートセンシング学会、及び地図学会)の会員であること
・GIS学会または関連学協会の賛助団体の構成員であること
すでに資格を取得している方々については、資格の更新時までに、この条件を満たしていただく必要がございます。

本資格は、GIS分野において一定の能力を持つことを証明するとともに、この分野への貢献度を示すものでもあり、GIS学会及び連携学会への加入はその第一歩と考えられることから、今回の改正を行いました。
ご不明点等ございましたら、ご遠慮なく事務局までご連絡ください。

2012-03-15
ウェブサイト復旧のお知らせ
1月にGIS学会のサイトがウイルス感染した恐れがあるとの連絡を受け、一時サイトを閉鎖しておりましたが、各種セキュリティ対策を講じた上、この度再開をいたしました。     
長らくご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

2011-11-26
年末年始休業のお知らせ
誠に勝手ながら,2011年12月29日〜2012年1月9日の間,GIS資格認定協会の事務処理を休業させていただきます。     
メールの受付は行っておりますが,返信が遅くなることをご了承ください。また,この間にファイル転送サービスを利用される場合,ダウンロードの有効期限にご注意ください。     
休業期間中にいただいたメールへの対応は,2012年1月10日までに行います。万が一期日までに返信がない場合は,お手数ですが再度ご連絡いただきますようお願い致します。

2010-11-25
年末年始休業のお知らせ
誠に勝手ながら,2010年12月29日〜2011年1月4日の間,GIS資格認定協会の事務処理を休業させていただきます。     
メールの受付は行っておりますが,返信が遅くなることをご了承ください。また,この間にファイル転送サービスを利用される場合,ダウンロードの有効期限にご注意ください。     
休業期間中にいただいたメールへの対応は,2011年1月7日までに行います。万が一期日までに返信がない場合は,お手数ですが再度ご連絡いただきますようお願い致します。

2010-10-29
GIS上級技術者認定申請マニュアル更新のお知らせ
GIS上級技術者認定申請マニュアルを更新しました。

2010-10-29
登録情報変更申請のお知らせ
GIS上級技術者の登録情報の変更申請書式を掲載しました。勤務先の変更や,連絡先の変更がありましたら,変更申請書類を事務局までお送りいただきますようお願い致します。     
変更申請のダウンロード

2010-08-31
アドレス変更のお知らせ
2010年8月31日より,GISCAのウェブサイトアドレスを,http://www.gisa-japan.org/gisca/に変更いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。     
なお,お問合せや申請書送付用のメールアドレスの変更はございません。

2010-08-23
夏季休業のお知らせ
誠に勝手ながら,2010年9月6日〜9月10日の間,GIS資格認定協会の事務処理を休業させていただきます。     
メールの受付は行っておりますが,返信が遅くなることをご了承ください。また,この間にファイル転送サービスを利用される場合,ダウンロードの有効期限にご注意ください。     
休業期間中にいただいたメールへの対応は,9月13日までに行います。万が一期日までに返信がない場合は,お手数ですが再度ご連絡いただきますようお願い致します。

2010-04-13
GIS上級技術者認定申請マニュアル更新のお知らせ
GIS上級技術者認定申請マニュアルを更新しました。

2010-04-13
ゴールデンウィーク休業のお知らせ
誠に勝手ながら,2010年4月29日〜5月5日の間,GIS資格認定協会の事務処理を休業させていただきます。     
メールの受付は行っておりますが,返信が遅くなることをご了承ください。また,この間にファイル転送サービスを利用される場合,ダウンロードの有効期限にご注意ください。     
休業期間中にいただいたメールへの対応は,5月12日までに行います。万が一期日までに返信がない場合は,お手数ですが再度ご連絡いただきますようお願い致します。

2010-03-31
GIS上級技術者の英語名称変更のお知らせ
GIS上級技術者の英語名称を「GIS Senior Engineer」から「GIS Expert」へと変更いたしました。
GISに関するより広範な活動に従事する方々を表す言葉として”Expert”がよりふさわしいと協会として判断したためです。

お手数ですが今後,名刺等英語表記を記載される場合には「GIS Expert(certified by GISA)」を使用していただけますようお願い致します。

2010-02-15
専門技術者認定更新申請のお知らせ
専門技術者認定更新申請に伴うマニュアル,申請書式を掲載しました。

2009-12-04
冬季休業のお知らせ
まことに勝手ながら,2009年12月26日より2010年1月4日までGIS資格認定協会の事務処理を休業させていただきます。その間メールをお受けすることはできますが,返信が遅くなる可能性がございますことをご了承ください。またファイル転送サービスを使って申請書類を送付される場合は,ダウンロードの有効期限にご注意ください。休業期間中にいただいたメールへの返信は,1月8日までに行います。期日までに返信がない場合にはお手数ですが再度ご連絡いただけますようお願い申し上げます。

  2009-12-4
申請書式更新のお知らせ
専門技術者認定の申請マニュアル,申請書式,経歴書テンプレート,を更新いたしました。今後申請を行う方はご注意ください。

2009-11-19
申請書式更新のお知らせ
専門技術者認定の申請マニュアル,申請書式,経歴書テンプレート,バーチャートテンプレートを更新いたしました。今後申請を行う方はご注意ください。

2009-10-13
第3回GIS上級技術者会議が終了いたしました
2009年9月29日(火)に開催いたしました「第3回GIS上級技術者会議」は,42名の皆様方にご参加いただき,おかげさまで盛会のうちに終了いたしました。ご参加いただいた皆様に心より御礼申し上げます。
会議資料のダウンロード[6.4MB]

過去のお知らせ一覧

このページでは,最新情報などGIS資格認定協会全体の紹介をします。
----------------------------------------------------------------------
+ NEW!GIS名誉上級技術者贈呈式のご案内

GIS資格認定協会では、GISの活用・普及の推進に優れた功績を有し、
長年GIS分野に貢献された方にGIS名誉上級技術者の称号をお贈りしております。

この度、次の4名の方にGIS名誉上級技術者称号をお贈りすることになり、 贈呈式を下記のとおり開催いたします。

矢野 桂司 氏(地理情報システム学会推薦)
梅干野 晁 氏(日本リモートセンシング学会推薦)
鈴木 厚志 氏(日本地理学会推薦)
菊池 眞一 氏(日本地図学会推薦)

当日は、GIS名誉技術者称号をお贈りする4名の先生による記念講演も行います。
ご多忙中とは存じますが、お繰り合わせの上、 ご参加くださいますようお願い申し上げます。

開催日:2017年7月14日(金)
場所:弘済会館(東京都千代田区麹町5-1)
   http://www.kousaikai.or.jp/hall/access.html

プログラム(予定)
記念講演会 16:00〜17:30
贈呈式 17:30〜19:00 (お飲み物、軽食を用意させていただきます)

会場準備の都合上、ご参加を希望される方は、
ご所属、ご氏名を、6月30日(金)までに GIS資格認定協会事務局(gisca@gisa-japan.org)宛てに
お知らせ願います。

なお、参加希望多数の場合には、ご出席をお断りする場合もございます。
その節にはご容赦いただければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------------
+ 第25回学術研究発表大会 GISCA特別セッションのご案内

アイデアソン「GIS系企業が成長するために今、何をすればいいか」

日時:2016年10月15日(土) 15:20-17:00(100分)
場所:立正大学 品川キャンパス (〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16) 会場A 1151

プログラム(敬称略)
 司会:太田守重(GISCA実力向上担当幹事/国際航業)
キーノートスピーチ(30分):
 嘉山陽一(朝日航洋)、佐藤俊明(GISCA幹事/パスコ)、中島円(国際航業)
ブレインストーミング(30分):
 グループ(5人程度)ごとにアイデアを1つまとめあげ、A3用紙にタイトルを書く。
アイデア発表と質疑応答(30分):
 グループごと
まとめ:  大伴真吾(GISCA幹事長/朝日航洋)

多くの皆様のご参加、お待ちしています。
----------------------------------------------------------------------
+  第2回地理空間情報技術講座 (GITEC)のご案内

主催: 地理情報システム学会・GISCA 実力向上WG
協力: 武蔵野美術大学通信教育過程
講師: 太田守重
対象者: 地理空間情報技術及び地理情報標準に関する知識の習得を望む方、
     もしくは、再度体系的な学習をしたいとお考えの方。
     ※ 必ず初日から参加してください。
会場: 新宿副都心・新宿センタービル9 階
     武蔵野美術大学新宿サテライトキャンパス
期間: 2016 年8 月19 日(金)〜21日(日) 9:30〜17:30
参加費: 無料
定員: 先着20名
申し込み等詳細は…http://stinfodesign.net/gittok/gitec/
※ 測量系CPD学習プログラム申請中です。

----------------------------------------------------------------------
+ GISCA特別セッション発表の募集と参加のご案内
今日、GISをめぐる世界は急速に変貌しつつあります。 各国政府の政策と地理情報分野の標準化は空間データ基盤を実現し、オープンデータ環境をもたらしました。 またフリーでオープンなソフトウェアの普及やハードウェアの価格低減は、ボランティアによる、オープンな地理情報の整備と利用を促しています。 その結果、従来の地理情報サービスの利用にとどまらず、PTA活動やコミュニティーの中で、自ら地理空間情報を作り、それを利用するようになりました。 今回の特別セッションは、このような状況を踏まえ、実践で得た知識を交換し、相互の研鑽を可能ならしめることを目的として開催します。
有資格者はもちろん、この分野に興味をもつ多くの皆様が参加されることを期待します。

期日:2015年10月11日 13:40 - 15:20
    地理情報システム学会第24回学術研究発表大会 2日目
場所:慶應義塾大学三田キャンパス(〒108-8345 東京都港区三田2-15-45)会場A

発表条件:登壇者はGIS上級技術者であること
募集要項:発表タイトル、発表要旨(200字まで)を添えて、事務局(gisca@gisa-japan.org)に申し込むこと

申し込み期限:9月11日(金)→9月18日(金)に延長
発表決定通知:9月18日(金)→応募締切後、速やかにお知らせいたします。

その他:
登壇者の交通費はGISCAが実費を支給します。
登壇者、参加者には参加証を発行します。

----------------------------------------------------------------------
+ GIS資格認定協会(GISCA)とは
地理情報システム学会(GISA)が,以下に示す関連学会連携のもと,GISAの下部組織として設立した組織であり,専門技術者の認定及びGIS教育プログラムの認定を行うための組織です。
-------+ 連携学会のご紹介 (50音順)
学会名学会ホームページアドレス
人文地理学会http://hgsj.org/
日本地図学会http://www.jmc.or.jp/gakkai/
日本地理学会http://www.ajg.or.jp/
日本リモートセンシング学会http://www.rssj.or.jp/
GITA-Japanhttp://www.gita-japan.org/
OSM Foundation Japanhttp://www.osmf.jp/
OSGeo財団日本支部http://www.osgeo.jp
-------+ 組織の詳細は,GISCAについてのページでご確認ください。

+ GIS専門技術資格認定制度とは
GIS技術資格認定制度とは,GIS技術を資格として認定するための制度の総称であり,GISに関する教育の履修や実務経験及び貢献を認定する「専門技術者認定」とGISに関する教育プログラムを認定する「GIS教育認定」に分類されます。
-------+ 専門技術者認定とは
-------+ GIS教育認定とは

-------+ なお,本ホームページより,認定された技術者及びGIS教育プログラムを公開しています。


+ 認定資格の呼称について
専門技術者認定によって認定された技術者には,GIS上級技術者の資格が授与されます。
なお,本制度により認定されたGIS上級技術者の氏名等を,本ホームページ内で公開しています。
 なお,英語で表記する場合は
GIS Expert (certified by GISA)
となります。

+ GISCAの取組み
-------+専門技術者認定とは,受けた教育,自己の経験及びGIS分野への貢献の達成度にポイントを与え,ポイント合計が,一定の基準を満たしたとき,申請に基づく審査によって,資格認定するものです(ポートフォリオ方式)。
-------+申請資格は,教育(GIS関連のコースを履修した大学卒(もしくはそれと同等)以上の学歴),経験(関連業務に4年以上の経験がある)及び貢献(GIS関連学会の会員を一年以上続けていること。 )を有するものに与えられます。
-------+ アメリカのGISCI(GIS Certification Institute : 米国のGIS資格認定のための非課税非営利団体。AAG,NSGIC,UCGIS,URISA及びGITAの5団体が参画)による認定制度を参考に,日本の実情を反映して策定した資格認定制度です。この制度により一定の能力をもつ人々による産官学のコミュニティ形成を図り,相互研鑽することによって,GIS分野の発展と社会貢献度の向上を図ることができると考えています。
-------+また「GIS教育認定」という教育主催者向けの認定制度も運用しています。
これにより,最低限の教育レベルの維持ができるとともに,教育組織に対する啓発や相互協力を促します。また,認定プログラムを公表することによって,教育を受けたい者が選択の幅を広げることができるようになります。




All rights reserved, Copyright © 2007 GIS資格認定協会