jicitaik12

jicitaik12

jicitaik12

jicitaik12

 

 

関西支部 事務局

〒535-8585
大阪市旭区大宮5-16-1
大阪工業大学 工学部
都市デザイン工学科
空間デザイン研究室


 

民間との連携 TOP

GIS上級技術者教育講座

(通称:GISブラッシュアップ・セミナー)

2013年7月20日(土)に第11回を開催しました

 地理情報システム学会関西支部では,2010年度から,民間企業を中心に,行政や各種団体なども含んで第一線で活躍するプロフェッショナル技術者と協働で,上記のセミナーを開催しています。

 第11回目はこの分野の最前線で活躍する企業の2名のプロフェッショナルをお招きし,「求められるGIS」をテーマに,講義を実施しました。

 お忙しい時期,GIS上級技術者有資格者と資格を目指す方,さらにはこの分野に興味を持たれているが参加され,今回も活発なご議論が行われました。

 

なお,この講座はGIS教育認定プログラムとして地理情報システム学会のGIS教育認定をうけたものです(認定番号10-003)。

 

 

第11回

  2013年7月20日(土)

   13時00分〜17時00分

  (大阪梅田:常翔学園・大阪センター

  大阪市北区梅田3-4-5毎日インテシオ3F

 

【講師1】中 雅明 氏

       ESRIジャパン株式会社

  「南海トラフ巨大地震被害想定データのGIS利活用について」

 

【講師2】松村 一保 氏

       株式会社オージス総研・GIS上級技術者

  「国が提供しているデータとPostGISを利用したアプリケーションの事例 」

 

 

 申込方法:お名前,所属,連絡先(住所・電話番号)GIS上級技術者資格の有無,懇親会へのご参加予定を明記の上,e-mailにてこのページ左側記載の関西支部事務局(上記問合せタブからでも可です)までお申し込み下さい。

 

 当日,運営協力金(1,000円)を申し受けます。よろしくご協力ください。

 

 講師の皆さんには,ボランティアで講義をお願いしています。これまでのセミナーでは講座の後,講師の方を囲んで懇親会を開催しています。毎回多くの方にご参加いただき,さまざまな立場から,またプロフェッショナルとしての視点から,議論がつきることがありません。ぜひとも懇親会へのご参加をお待ち申し上げております。

 

今後の予定

 第12回:未定

 

 

GIS上級技術者教育講座開設の趣旨

 自らの実務に立脚した技術領域について十分な知識・経験・ノウハウを持つGIS上級技術者の既取得者や,取得を目指している社会人技術者を対象に,日常の実務では偏りがちな知見を「ブラッシュアップ」するための幅広い内容をカバーしたGIS教育を受ける機会創出を目的としています。

 本講座は,ネットワーク型のコミュニティとして徐々に確実に成長していくことを目指しています。

 現在,西日本・関西エリアで多数活躍・在住するGIS上級技術者資格取得者やGIS関連の研究者・教育者の力を結集したサスティナブルで幅広いGIS教育の場として,技術者相互のスキル向上と知的な交流促進を目指しています。多くの社会人技術者がこの新しいネットワークに参加することを期待しています。

 

*GIS民間TOPにもどる