Session 1A 日韓国際シンポジウム(土地利用) 司会:河端 瑞貴

1A-1 つくば市における社会経済の動向と土地利用変化の時空間分析
 水谷 千亜紀,タパ ラジェッシュ バハドール
Spatial temporal socioeconomic dynamics and land use change show that how the area has been developing over time. Tsukuba city located in the northern part of Tokyo had been developed since 1960’s as a science city. The development of science city carried a lot of facilities; national research institutes, highly educational institute, and business opportunities. Scientific tracing of these phenomena can provide a basis for future study. This study aims to investigate the spatial temporal socioeconomic dynamics and land use change in the city using GIS techniques. High resolution land use maps and socioeconomic grid square statistic data between the year 1984 and 2001 were processed to identify the dynamics. Artificial neural networks technique was performed to examine the land use change and the socioeconomic dynamics. We selected variables: population, industries, research institutes, services and employments for different time periods. “Forest and wasteland” changed to farm and vacant lands, further transformed to residential, business or commercial land during the study period. Almost the populated areas were concentrated between Higashi and Nishi highways. Growth of socioeconomic was getting slowing down at the latter time period even though the distribution kept patterns during the study period.

1A-2 Progress and Land Use Characteristics of Urban Sparawl in Busan Metropolitan City using Remote Sensing and GIS
 Taekyung Baek, Homyung Park
Satellite image is very usefully practiced to predict and analyze physical expansion and change of city. Physical expansion and change of city is closely related to the use of land, and continuous growth management focused on the use of land is essential for sustainable city growth. In this research, the change of land cover and land-use were analyzed with basic input data from 1985 to 2000 according to artificial satellite. Moreover, the land-use turnover rate was understood and expansion trend of urban sprawl in Busan metropolitan city and land-use characteristics of the expansion area. The results are, first, the area for urban region was expanded continuously but areas for agriculture area, forest area, and water area had different changes due to administrative district reform of Busan by each year. Second, the urbanization area in Busan was increased by 3.8% from 92.5㎢ in 1985 to 167.5㎢ in 2000. Third, the result of analysis on land-use turnover rate showed that agriculture area was turned into urbanized area the most, and forest area was followed by. Fourth, the result of analysis on database and overlay of buildings in Busan established in 2001 showed that agriculture area are had type 1 and 2 neighborhood living facilities (45.63%), apartment house in forest area (18.49%), and factory in water area (31.84%) with high ratio.

1A-3 Driving Factors of Land Use Changes in Kathmandu Valley, Nepal
 Rajesh Bahadur Thapa, Yuji Murayama
Kathmandu valley is experiencing rapid land use changes since the last few decades. Residing in the bowel shaped topography, it forms the core of the Nepal’s most populous metropolitan region. In this study, we investigated the driving factors of land use changes in the valley between the years 1991 and 2000. GIS and AHP techniques were applied for land use maps preparation, change detection and driving factors evaluation. Three geographic tiers (city core, fringe and rural areas) were delineated. An extensive fieldwork including interview with local people and experts was conducted. Seven types of land use change factors for the valley: physiographic, facilities, opportunities, land price, population growth, political situation and plan/policies were identified. The contribution of these factors to change the landscape is evaluated for each tier separately. Among the seven driving factors, opportunities followed by facilities played key role to change the landscape of city core and fringe areas during the study period. Whereas these factors played less role in rural area as compared to physiographic and land price factors. The plans/policies factor played weak role to change the landscape in all tiers. We concluded that the different driving factors of land use changes play different roles at different forms of settlements.

1A-4 ナイロビにおける都市化のモデリング
 チャールズ・デグワ・ムンディア,村山 祐司
Urban population is increasing in Africa's major cities at a much faster rate than in the rest of the world, leading to dramatic sprawl with associated undesirable environmental and social consequences. Using Nairobi as an example of a major African city, we studied urban growth and addressed the need for urban management tools that can provide perspective scenarios of urban growth. This paper describes land use/cover changes and urban growth modeling for Nairobi city using Cellular Automata (CA), which integrates biophysical factors with dynamic spatial modeling. The model was calibrated and tested using time series of urbanized areas derived from remote sensing imageries, and future growth projected out to 2030.


Session 2A 都市・地域分析(都市・地域分析I) 司会:三浦 英俊

2A-1 世界157ヶ国のエネルギー消費量変化傾向のベクトル場
 古藤 浩
世界の主要157ヶ国の国家別エネルギー消費傾向(消費量は石油換算量)を分析する.1994年と2004年のデータからの時系列分析によって世界のエネルギー消費傾向の俯瞰を試みる.具体的には一人当たり及びGDP1米ドル当たりのエネルギー消費量に注目し,クリギングの手法を応用して,二つの指標の変化傾向を整理するベクトル場を作成する.ここから特徴を明らかにし,今後の趨勢を議論する.

2A-2 駅看板の情報を用いた都市の構造解析
 深堂 暢之,田中 一成,吉川 眞
鉄道による都市の分断,駅表と駅裏で異なる様相を持つ景観,駅裏の衰退など駅周辺のイメージ形成となる駅周辺の情報を解析する方法を開発し,都市のイメージ構造を記述することを目的として行った.方法としては駅看板に着目し,記載されている位置情報をGISを用いて解析した.大阪市内の環状線と御堂筋線を対象とした分析から歪みを視覚的に把握し,課題点を抽出する方法を見出した.

2A-3 公平性に配慮した都道府県人口重心の経年変化 -k-Centrum指標を用いて-
 田村 一軌,大澤 義明,古藤 浩,青木 充広
人口重心は,直線距離の二乗に比例する総移動コストを最小とする地点に一致するので,地域全体の移動効率性から見て最適な場所である.一方で,効率性のみならず,格差解消という公平性の視点も重要であるが,効率性と公平性との間にはトレード・オフが存在し両立することは難しい.本研究では,このトレード・オフを同時に取り込んだ人口重心と見なせるkセントラム立地問題の最適点を,茨城県データを用いて算出し,その特徴を明らかにする.

2A-4 複数の地図情報などを組み合わせる際に発生する問題に関する基礎的考察
 寺木 彰浩,阪田 知彦
昨今の社会・経済情勢の下で,目的を限定した情報整備を行うことは難しい.地理空間情報活用推進基本法により強力に推進されている基盤地図情報をはじめ,国・自治体・民間により提供・販売が進んでいる地図情報に他の情報を組み合わせて活用することが求められている.
本稿は,既存の地図情報や台帳情報などを組み合わせて利用する際に発生する典型的な問題を抽出し,影響を考慮することにより,得られる結果を事前に評価する手法について基礎的な検討を行う試みである.

2A-5 空間情報技術を活用した枚方宿の変遷景観
 塩田 定俊,吉川 眞,田中 一成
枚方宿は江戸時代には東海道57次56番の宿場町として栄えていた.現在も少なくはなったが,当時の面影を感じさせる町家がまだ残っている.このような歴史的な街並みを保全するために自治体と住民による修景・整備活動が行われており,短い期間で街並みが変化している.本研究では近年移り変わりつつある伝統的街並みを分析・表現することを目的として,空間情報技術を活用することで各種空間データを融合し,3次元都市モデルの構築を試みている.


Session 3A 歴史環境(歴史・環境) 司会:碓井 照子

3A-1 参詣道と文化財の位置関係から見た文化的景観の評価方法
 伊藤 裕司,田中 一成,吉川 眞
線形状の形態を持つ参詣道と霊場が,紀伊山地の自然と共に世界遺産に登録された.参詣道の両側50mにはその保全区域であるバッファゾーンが設定されているが,理論的な根拠は明確になっていない.本研究の目的は,バッファゾーンを客観的に評価することを目的としている.研究の方法は,文化財や霊場との関係性を見ることで歴史環境の評価を行った.森林内の視界を定量化することにより,バッファゾーンの適合性を明らかにした.

3A-2 城郭都市「姫路」における景観分析
 織野 祥徳,吉川 眞,田中 一成
姫路城は,世界文化遺産と国宝に選ばれており,国内外共に歴史的価値が高く評価されている建造物であるといえる.城郭都市である姫路は,近代化に伴い都市構造が大きく変貌を遂げてきたが,姫路城は周辺環境の影響をほとんど受けず,現在も美しい姿を保ち続けている.本研究では,姫路城の見え方に着目し,過去から現在に至るまでの3次元都市モデルを生成することで市街地の歴史的変遷を分析・把握し,城と都市の在り方を見出すことを目的としている.

3A-3 大大阪時代の道頓堀界隈
 福田 明文,吉川 眞,田中 一成
江戸期から戦前まで,道頓堀界隈は歌舞伎などが興行される演劇の街として栄えてきた.しかし,戦後から現在にかけて「食い倒れ」と「巨大看板」のイメージも加わり,現在のイメージを形成してきた.最近,「大阪名物くいだおれ」の廃業と角座の閉館で大きくその姿を変えつつあるが,道頓堀界隈は今も昔も水都大阪の象徴である.そこで本研究では,散在する史料などを収集しGISとCAD/CGを統合的に活用して,道頓堀界隈の歴史的な変遷を把握することを試みている.

3A-4 別府湾沿岸域における土地利用変化 ―GISによる250mメッシュ分析―
 堤 純
本報告は別府湾沿岸域を対象に,明治期から現代に至る約100年間の土地利用変化を分析した.ジオレファレンスした明治期と最新の地形図から土地利用ポリゴンを作成し,それらを250m間隔のポイントフィーチャーとオーバーレイすることにより,土地利用データのメッシュサンプリングを行った.その結果,都市化の進展と農地の減少,森林面積の減少など,社会的・経済的視点からみた環境変遷の特徴が明らかとなった.

3A-5 過去100年間の100mメッシュ土地利用図作成とGIS分析
 池見 洋明,江崎 哲郎.三谷 泰浩,マリサ メイ リン,石松 裕一郎,松木 洋忠
国土の持続的利用や自然災害の軽減等を検討する上で土地の時空的な変遷を把握することは重要である.しかし,これまで系統的に入手できる土地利用情報は1976年以降のものに限られていた.本研究では,福岡県全域を対象として,1900年,1950年頃に発行された5万分の1旧版地形図をもとに100mメッシュ土地利用図を作成した.次にGISを用いて国土数値情報(国交省)と比較し,長期的な土地利用の変遷分析を行った.


Session 4A 空間情報技術(モバイルGIS) 司会:有川 正俊

4A-1 道路網における最短寄り道経路検索
 大沢 裕,藤野 和久,油井 真斗
道路ネットワークに制限された最近接検索アルゴリズムとしてINE(Incremental Network Expansion)が知られている.INEは,自由空間を対象とした最近接検索と比べてより現実世界に即した検索手法であり,位置情報サービスなどにおいて有用である.本論文では,現実世界の地物情報の変化に柔軟に対応できるという従来方式の利点を踏まえつつ,地物データの管理方法を見直すことによって処理速度を向上させる手法を提案する.

4A-2 移動データの構造化に向けた入力支援手法の開発と移動情報の流通可能性に関する研究
 熊谷 潤,金杉 洋,柴崎 亮介,山口 琢,小林 龍生
現在ブログ上の日記など個人が作成する移動に関するデータが増える一方で,それらから情報を抽出したいというニーズが高まってきている.本研究では,移動データを価値ある情報として構造化するために,我々が慣れ親しんだテキスト入力の簡易さとXMLの構造化拡張性を兼ね備えた新しい入力支援手法の研究,また移動情報を共有可能なアプリケーションを通じて,移動情報の構造単位での再利用・流通可能性の研究を行う.

4A-3 カーナビの地図利用とその男女差に関する一考察
 若林 芳樹
日本のカーナビは,技術面でも普及率でも世界のトップレベルにあり,地図表現をはじめとする地理空間情報伝達の高度化に各メーカーがしのぎを削っている.ところが,実際にドライバーがそれらをどのように利用しているかについてはほとんど知られていない.そこで,本研究では従前の空間認知研究の成果をふまえて,カーナビ利用者へのアンケート調査結果を分析し,そこにみられる男女差を中心に分析を行った.

4A-4 時刻と位置の連続記録から滞留場所と移動経路を抽出する時空間的アルゴリズムの開発
 雨宮 有,齊藤 知範,雨宮 護,島田 貴仁,原田 豊
本研究では,東京都新宿区新宿3丁目において,建物別事業所従業者数を推定し,駅-建物間通勤経路を設定することで,都市地域内の通勤流動を予測することを目的とする.建物別事業所従業者の推定では,新宿3丁目における事業所・企業統計調査報告(平成18年)の従業者数を,建物の事業所の床面積に応じて配分する方法をとる.駅-建物間通勤流動の予測では,新宿駅から各建物への最短経路を移動するものと仮定する.


Session 1B 日韓国際シンポジウム(マッピング) 司会:村山 祐司

1B-1 Developing Forest Type Classification Methodology using High Resolution Satellite Image based on Tasseled Cap Transformation
 Sungjae Kim, Yunwon Jo, Myunghee Jo
Recently there are many pilot studies for advanced application of first Korea national high resolution satellite image, which is called as KOMPSAT-MSC(Korean Multi-purpose Satellite-Multi-Spectral Camera), in Korea. In this study the forest type classification methodology is developed and its distribution map was constructed by applying high resolution satellite image, QuickBird-2, based on Tasseled Cap Transformation, especially through comparing the result of detailed filed surveying such as forest type, tree species, tree diameter, tree age and tree crown density in pilot study area.

1B-2 Tasseled Cap Transformation-based Specific shadow Error Calibration Using a Weight per Each Band Through Factor Analysis
 Yongun Ban, Sangil Na, Taeho Lee, Jaeho Jung
This intent of this study was to analyze the nature of the errors that occur as a result of shadows during the process of NDVI calculation using high-resolution satellite images of Cheongju City obtained from QuickBird, in order to calibrate such errors, and to verify the results. This study have two steps, first is to calibrate the shadow errors by utilizing the relationship between the Greenness above Bare Soil(GRABS) calculated through Tasseled-Cap transformation and the original NDVI. Second is to use factor analysis method for measuring a weight per each band of the imagery. To verify the accuracy of the results, this study has compared the shadow area extracted by the difference between before and after calibration of NDVI, with the original shadow area. The results of this study can be summarized as follows. Initially, the NDVI value converged on the value of -1.0, representing water, because shadow areas could not accept the reflection value from each band. However, after performing Tasseled-Cap transformation, the NDVIs of shadow areas that had converged on -1.0 prior to calibration had increased to a level similar to the NDVI of neighboring areas. In addition, the average NDVI in general had increased from -0.08 to -0.01. Finally, the shadow area drawn out was almost matched to the original one, meaning that the NDVI calibration method employed turned out to be highly accurate in extracting shadow areas.

1B-3 ASTER衛星画像と既存都市域マップの複合的利用による高精度・高分解能都市域マッピング
 宮崎 浩之,岩男 弘毅,柴崎 亮介
本研究では,ASTER衛星画像と既存の都市域マップを複合的に利用することで,都市域マップを高精度・高分解化する手法を提案した.既存の都市域マップとして,空間分解能1kmのMOD12Q1とGRUMPを用いて,世界の101の都市域を対象に試行した.その結果,空間分解能は15mに向上し,MOD12Q1,GRUMPに比べて,精度が向上した.以上より,本手法は都市域マップの高精度・高分解能化に有用であるといえる.

1B-4 Generation of an Impervious Surface Map by Applying a Stepwise Extraction Technique to the IKONOS Image
 Changhwan Koh, Sungryong Ha
The efforts for the urban restoration are changing toward sustainable development in case of land-use. Accurate partitioning of pervious and impervious surface in urban area is a necessary part, because it is deep associated with urban development. Therefore, for the generation of impervious surface map using high resolution satellite image which has various spectral characteristics, this study attempted new classification method by applying a stepwise extraction technique using spectral enhancement. Three changed indexes such as Soil brightness index(SBI), green vegetation index(GVI), None-such wetness index(NWI) are constructed through the tasseled-cap transformation which a spectral enhancement methods. DN confidence intervals of each class are defined from these tree indexes. Suitable range of DN distribution was defined by changing control coefficient(α) of non-exceedance probability. As a result of defining DN range, error was indicated the smallest when α is 1. That means confidence intervals of class are involved to 68% non-exdance probability. Based on obtained DN value range from calculating confidence intervals, suitable DN values of each class are spread to the each layer. Obtained 14 layers through above process are reclassified to 7 classes with grouping. And then Impervious map generated and impervious ratio calculated by block-size of area. Overall impervious ratio of study area was 50.38%.


Session 2B 都市・地域分析(都市・地域分析II) 司会:吉川 眞

2B-1 空間分割間の相互関係を分析する手法
 貞広 幸雄,笹谷 俊徳
空間分割は,空間情報科学における最も基本的空間構造の一つである.行政区,郵便番号区,選挙区,学区,商圏,駅勢圏,植生区域など,一つの地域には多様な空間分割が互いに影響し合いながら存在している.本論文では,こうした空間分割間の関係を直接比較しつつ,体系的に記述,可視化する手法の提案とその適用を行う.特にここでは,空間分割構造を特徴づける性質の一つである,分割間の階層性に着目し,階層的な類似性という視点を取り入れた手法を提案する.

2B-2 数値地図を用いた地図情報レベルによる都市内道路網形態の比較分析
 渡部 大輔
本研究では,道路網形態の都市間比較において,数値地図データの地図情報レベルによる形態解析の結果の違いについて国内主要都市を対象に分析した.現実の道路網と交差点に対して構築した近接グラフを比較した形態指標を用いて分析した結果,数値地図2500では細街路,数値地図25000では幹線道路を中心とした道路網形態を評価することができ,各都市の形態の特徴を把握することができた.

2B-3 道路ネットワーク空間における空間相関分析
 内藤 智之,大佛 俊泰
空間的に分布している様々な特性を定量的に把握し,現状の都市や地域の状態を分析する方法のひとつとして「空間相関分析法」が提案されている.本研究では,二次元連続空間(ユークリッド距離)で定義されている従来の空間相関分析法をネットワーク空間に適用するための方法について検討する.更にネットワーク空間を扱う利点を活かした分析方法の拡張についての提案を行い,それぞれの方法の有効性について分析事例をもとに考察する.

2B-4 スペースシンタックス理論を用いた都市形態解析と市街地開発動向
 猪八重 拓郎, 外尾 一則, 永家 忠司
本研究では,道路網による都市形態をスペースシンタックス理論を用いて解析することにより,移動効率から見た対象地区の特性を明らかにする.また,開発許可等による開発の履歴をGISを用いてデータベース化し,その開発動向を分析するとともに,都市形態と開発動向の関連性について明らかにする.


Session 3B 歴史環境(考古情報) 司会:後藤 寛

3B-1 縄文文化=ナラ林圏説の検証
 枝村 俊郎,熊谷 樹一郎
縄文文化はナラ林圏で栄え,それは小山修三算出の人口密度分布によってよく説明されるとされてきた.小山がその計算のベースとした縄文遺跡の地方別発掘数は今日大きく変化している.また西田の土壌,地形に基づく批判もある.そこで,奈文研データベースから現在の遺跡数,国交省の地形分類および土壌分類GISデータから台地地形面積,黒ボク土壌面積を求め,各地方での遺跡密度や各面積占有率の対関東地方比を求めてみた.さらに,主要縄文遺跡分布図を各GISデータに重ねてみた.これらより得られた興味深い結果を提示する.

3B-2 奈良盆地における歴史的景観の変遷と対比
 石橋 一真,吉川 眞,田中 一成
古来より山々は重要な景観構成要素とされてきた.その一つに奈良盆地の周囲を囲む大和青垣があり,その内部には神奈備山や国見山が位置している.古代の人々はそれらを眺め,さまざまな見方で,山々を崇拝してきた.本研究では,景観対比を行うため,空間情報技術を統合的に用いて古代都市空間と現代空間の3次元都市モデルの構築を試みている.また,過去の歴史的環境を史実から読み解き,古代における山々の見方を把握したうえで,古代と現代との見方の対比も行っている.

3B-3 地理情報標準応用スキーマ設計手法を用いた文化情報学
 藤本 悠
地理情報標準が提供する応用スキーマ設計手法は,複雑な時空間的現象を明示的に説明する上で有効な手法である.同標準における論議領域を個々の研究者の理念的側面に置き換えると,同手法は研究者の理念的側面を客観化する上で重要な手法となり得る.本研究では,応用スキーマ設計手法と分子進化遺伝学の系統樹作成手法を組み合わせた「理念型モデル化分析法」を提示し,同研究手法を文化現象研究に適応した事例を紹介する.

3B-4 遺構情報モデルへの時間スキーマ適用法の検討
 村尾 吉章,碓井 照子,森本 晋,清水 啓治,藤本 悠,山本 由佳
これまで,考古学における発掘調査成果をモデル化した遺構情報モデルを構築しその実用性を検討してきた.このモデルに対して論理的な解釈を行う視点を加えた改訂を行い,同時に時間位相を適用した.今回改訂を加えたモデルを紹介するとともに,遺構情報に対して時間位相・時間関係を活用した事例を挙げて,時間スキーマの有効性を検討し,今後の地理空間情報における時間位相・時間関係の利用方法を提示する.


Session 4B 空間情報技術(システム・アルゴリズム) 司会:牧野 秀夫

4B-1 ライフコンテンツを用いた位置情報サービス
 鍛治 秀紀, 有川 正俊
本研究は,商用の位置情報サービスではあまり取り扱うことのできない,個人の日々の行動や経験の記録,今後の予定やto-doなどごく私的な情報(ライフコンテンツ)を取り扱うことのできる位置情報サービスptalkを提案する.システムは,位置情報を取り扱うことができるように拡張したブログと携帯端末用のアプリケーションで構成され,位置情報を付加されたライフコンテンツを,ユーザの現在地に合わせて提供する.これらを用いて位置情報サービスでのライフコンテンツの利用の有効性の検証とシステムの評価を行う.

4B-2 交通ネットワークに沿った最近接検索アルゴリズムの効率化
 油井 真斗,大沢 裕
道路ネットワークに制限された最近接検索アルゴリズムとしてINE(Incremental Network Expansion)が知られている.INEは,自由空間を対象とした最近接検索と比べてより現実世界に即した検索手法であり,位置情報サービスなどにおいて有用である.本論文では,現実世界の地物情報の変化に柔軟に対応できるという従来方式の利点を踏まえつつ,地物データの管理方法を見直すことによって処理速度を向上させる手法を提案する.

4B-3 P2Pによる分散管理型地理情報システム
 伊藤 雅亮,大沢 裕
センサーネットワークは,多種多様なセンサーをネットワークで繋げることで,ユーザが遠方地や広範囲の情報を自由に取得,利用できる環境である.これの実現には小型・低コストの自律動作型センサーを大量・高密度に配置する必要がある.従ってセンサーネットワークは無線アドホックネットワーク環境で実現されるが,従来環境では実現困難な点があるため単純に適用できない.そこで,本稿ではセンサーネットワークが実現できる新しい環境を提案する.

4B-4 建物人口データを分析するGISツールの開発
 Ko Ko Lwin, Yuji Murayama
Recently, increasing numbers of researches in micro-spatial analysis due to emergence of high resolution satellite images and GIS data available at finer scale with better attribute information. This paper explains a GIS Tool or stand alone program named as PopShapeGIS (Population Shape GIS) which can generate building population data based on census tracts and building footprints dataset for micro-spatial analysis users. Building population data is required for public facility management, disaster and emergency preparedness, market analysis and other micro-spatial analyses in urban planning.


Session 1C 日韓国際シンポジウム(地理空間情報政策特別セッション) 司会:柴崎 亮介

1C-1 基調講演:我が国における地理空間情報活用推進施策の現状について
 大木 章一
我が国では,地理空間情報に関する施策を総合的かつ計画的に推進することを目的に地理空間情報活用推進基本法(以下「基本法」という)と,基盤地図情報に関する国土交通省令及び国土交通省告示が,平成19年8月に施行された.本年4月15日には,基本法を推進するための具体的な施策として地理空間情報活用推進基本計画が閣議決定された.本講演では,これらの内容と,基盤地図情報の整備や提供などの国土地理院の取組みを紹介する.

1C-2 基調講演:Directives of National R&D and Major projects related to Geographic Information System in Korea
 Sungryong Ha, Jiheon Lee

1C-3 特別講演:Issues and Direction of Geospatial Information Policy in Korea
 Hosang Sakong , Dongbin Shin, Moonsub Chung, Mijeong Kim
It has been around 12 years since National Geographic Information System (NGIS) introduced into Korea. NGIS of Korea obtained excellent results including (1) establishment for national spatial data infrastructure, (2) increasing the effectiveness of administrative tasks, and (3) provision of spatial data service to citizens. But, NGIS of Korea faces new challenges. Confronting the new information environment including ubiquitous or new web services, and demanding mobile or 3-D spatial data, new directions of NGIS policies should be considered. The strategies for national spatial data infrastructure are also necessary to change for the satisfaction of users' demands. This research examines the 12-year of NGIS implementation history of Korea. After that, this research tries to find better policy directions for the future along with the important national spatial data infrastructure factors including Frame Data, GIS Standard, Data Distribution and GIS Technical Development.


Session 2C 防災(震災) 司会:畑山 満則

2C-1 防災情報システムの地域への導入プロセスに関する研究
 塩飽 孝一,佐々木 光明,古戸 孝,小竹 浩之,角本 繁
著者らは,QRコードを利用した安否確認機能を有するシステムを開発し,横浜市桂小防災拠点地区防災訓練において,システムの試験導入を行い,その後,地区住民を対象としたアンケート調査を実施した.訓練ではシステムの紹介をしたが,それに参加した住民は,システムを理解するだけでなく,地域防災の重要性を認識することが明らかになった.本論はアンケートの結果を基にし,防災情報システムを導入・定着させるためのプロセスを提案するものである.

2C-2 被災地の情報収集と整理-時空間情報処理による危機管理技術の研究開発(6)-
 古戸 孝,佐々木 光明,臼井 真人,福山 薫,角本 繁
災害,特に大規模災害においては,人的・物的を問わず的確な被害状況収集が,被災直後からの住民支援や早期の復旧復興につながる.これまで,平成15年宮城県北部地震や平成16年新潟県中越地震などにおいて,被災地での情報収集試験を行い,さらに,収集情報を被災者支援などへ利活用するための検討を行った.その結果を報告する.

2C-3 大地震時における避難・帰宅行動シミュレーションモデル
 守澤 貴幸,大佛 俊泰
数値地図を用いる事により,広域な都市空間を対象として都市内滞留者の帰宅避難に着目したシミュレーションを行った.滞留者の詳細な時空間分を得るためにパーソントリップ調査によるデータを使用して,さらに,対象地域内外での滞留者の流出入を考慮した.これらの情報を用いて多角的な視点からマルチエージェントシミュレーションを行う事により,避難安全性に関わる要因を抽出した.

2C-4 震災復興計画の策定における高精度地理情報の応用 -中国四川大地震都江堰市を対象として-
 厳 網林,石川 幹子,加藤 孝明,稲葉 佳之,大場 章弘
四川大地震が起きてから2カ月経ったいま,各被災地が急速に復興に向けて動き出している.速やかな生活再建と長期的な地域復興を両立させるために,客観的かつ高精度の地理空間情報に基づいた計画の策定が不可欠である.しかし,高度な地理情報技術はまだ中国の復興現場に十分に届いていない.本研究は四川省・都江堰市復興グランドデザインの実経験を元に,計画策定のために高精度衛星画像を主体とした地理空間情報の整備方法を報告し,利用効果を検証する.


Session 3C 都市・地域分析(都市データベース構築) 司会:山下 潤

3C-1 動的な空間的マイクロシミュレーションモデルを用いた京町家更新の将来推計
 花岡 和聖
本研究では,動的な空間的マイクロシミュレーションモデルを用いて,京町家と居住世帯の状態変化を考慮したモデルを構築した.既存の調査資料を駆使して,京町家一件ごとの居住世帯のミクロデータを推計し,それらの詳細な属性や空間関係に基づきシミュレーションを行うことで,京町家の残存数を把握できた.さらに,シナリオの適用やグラフ・地図による可視化によって,京町家保全計画における意思決定にもモデルを利用でき得る.

3C-2 基盤地図情報標高データに基づく建物地盤高推定に関する基礎的研究
 阪田 知彦,寺木 彰浩
2008年3月より公開が開始された地理空間情報活用推進基本法に基づく基盤地図情報は様々な分野での適用が期待されている.本研究は,建築・都市計画分野での基盤地図情報の活用に関する研究の一環として,基盤地図情報の標高データを活用した建物の地盤高を推定する手法の基礎的検討に関するものである.本稿では,研究の位置づけと背景,理論的検討,基盤地図情報5m標高データ等を用いた実証分析を行い,最後にまとめと課題について整理する.

3C-3 WebGISによる京都市近代化遺産モニタリングシステムの構築
 桐村 喬,松岡 恵悟,矢野 桂司
本研究の目的は,WebGISを用いた京都市内の近代化遺産のモニタリングシステムの構築である.京都市内の近代化遺産は,これまでに行った調査に基づくと,戦前からの市街地を中心に1600余り現存している.しかし,解体も進んでおり,継続的な現況調査が必要であるが,それには多大な時間と労力を要する.そこで,本研究では,現存する近代化遺産の情報をWebGIS上で公開し,一般のユーザーから現況に関する情報を収集することで,調査に必要な時間や費用を軽減するとともに,データベースの更新頻度の向上を実現する.

3C-4 ALOS/PRSIM及びALOS/AVNIRを用いた高精度DEMの作成方法
 大場 章弘,本迫 晋,福島 光平,厳 網林
ALOS/PRISMを用いた3次元計測で地形モデルを作成する事例が多数報告されている.しかし,それらの多くは建物や樹木の高さを含むDSMであって,高精度を要する応用には向いていない.本稿では,ALOS/AVNIRを利用して地上サーフェイス情報を取り除き,DEMの抽出を行い,2008年5月に起きた四川大地震の復興グランドデザイン作成のために高精度の地形情報を提供することができた.

3C-5 アジアのメガシティにおける5万分の1地形図からの土地利用メッシュマップ作成
 山下 亜紀郎,阿部 やゆみ,髙奥 淳
本研究は,アジアのメガシティ(ソウル,台北,マニラ,バンコク)における都市化・工業化の進展と,それによって引き起こされる種々の都市環境問題についての都市間比較を行う指標として,土地利用メッシュマップを作成することを目的とする.本研究のように同じ基準で作成された土地利用図を都市間比較することで,都市としての規模や発展度,周辺の環境条件,さらには都市が現在の状況に至る時空間的プロセスなどを相対的に理解することができる.


Session 1D 日韓国際シンポジウム(自然・システム) 司会:Myunghee Jo

1D-1 Development of Hierarchical Structure System for Real-time Generation of Large Terrain Data Sets
 Yongcheol Suh, Chansoo Park, Changhwan Kim
Recently, we are making quick acquisition of huge geographical feature information data by rapid measurement and development of satellite information technique. We expect the geographical feature information to be acquired; to be analyzed accurately to minimize data loss and massive data volume visualization to be executed. We require the technique which the user makes is possible for reality world immersion. We are applying the LOD (Level of Detail) algorithm to point key element for visualization execution. To accomplish detail level decision considers to user view, immediate utility is impossible a source data (DEM), and we need a factor overlay decision which is hierarchy based on users view. In this research, to acquire the thorn of massive volume DEM, we choose the 4X4 tile hierarchy or 2X2 structure. To express user center terrain information for real sense, we apply DEM and produce Hill Shading Image. Terrain blocks file is produced to hierarchy tile structure. We transform terrain data to various factors overlay. Connect this by the hierarchy each other. We express a factor overlay change in the height quality, follow, minimize data loss and try to do a frame speed.

1D-2 西日本に関するASTER G-DEMとSRTM-3の比較
 早川 裕一,小口 高,林 舟
A new global elevation dataset known as G-DEM, based on the ASTER satellite imagery, will be released in late 2008. This paper assesses the quality of G-DEM in comparison with 3-arc-second SRTM DEM, the best current global elevation dataset, using a pre-release version of G-DEM and SRTM DEM for western Japan.

1D-3 Introduction to Grid Based Distributed Rainfall-Runoff Model with HyGIS Frame
 Yunseok Choi, Kyungtak Kim
Recently in Korea, HyGIS(Hydro Geographic Information System) have been developed to construct GIS based water resources system. HyGIS is based on GEOMania which is Korean GIS engine, and its core function is developed by GDK(GEOMania Development Kits) as component. HyGIS can calculate geographic characteristics of watershed from DEM and construct framework data for watershed spatial database. GRM(Grid based Rainfall-runoff Model) is a physical based distributed rainfall-runoff model. Kinematic wave equation is used to simulate overland flow and channel flow, and Green-Ampt model is used to simulate infiltration. GRM is operated as extension module of GMMap, and its input data such as flow direction, flow accumulation, stream, and watershed are created from HyGIS. This paper introduces HyGIS and GRM for grid based distributed rainfall-runoff modeling.

1D-4 A Real-time 3D GIS Development Methodology for Web-based Environment
 Sanghun Song, Myunghee Jo
Advances in computer graphics hardware and algorithms, visualization, and interactive techniques for analysis offer the components for a highly integrated, efficient real time 3D Geographic Information System. We propose a novel method to adopt VRML(Virtual Reality Modeling Language) visualization of topography information and generate three dimensions city model from modeling method. we convert the DEM(Digital Elevation Model) format to VRML format to reduce the data size of the tomography information. Second we make 3D building model using 3D modeling method. The proposed algorithm demonstrates the effective results of a real time 3D Geographic Information System on web-based environment.


Session 2D 防災(防災一般) 司会:厳 網林

2D-1 時系列高密度3次元モデルの構築と地形変動解析の手法 -雲仙・普賢岳における空間分析-
 近重 朋晃,大城 一郎,山口 文春
長崎県島原半島の中央に位置する雲仙・普賢岳の噴火活動は1995年5月にほぼ停止したものの,その後も岩盤崩壊や豪雨時には土石流が続いている.長崎県ではハザードマップの見直しなどのソフト対策や不足するハード対策を検討するため時系列高密度3次元地形モデル(17モデル)を作成した.本稿では,自主開発した空間分析ツールを用い岩盤崩壊やガリ侵食をマクロ的,ミクロ的に地形変動解析する手法を示す.

2D-2 火山噴火時における避難行動の時系列マッピング
 永村 恭介
本研究は,これまでのハザードマップでは扱われてこなかった住民の避難行動や被害量について伊豆大島を事例にマッピングしたものである.溶岩流の流下時間に対応した住民の避難行動のシミュレーションを実施した.この結果に避難訓練で用意されたシナリオ及び実際の経験(1986年噴火及び避難訓練)を加味し,発災時における避難行動の仮想モデルを時系列で示した.

2D-3 低価格GPSロガーによる位置情報の取得と表示に関する研究 -どの程度の精度をもっているかー
 髙瀬 啓司,鄭 炳表,泉保 明伸,今里 良子
近年,大規模災害が起こる度にGPSやGISが注目され,新しい機器やシステムが考案される.しかし,それらの技術は一般人にとって難しすぎる傾向がある.だが災害時には,一般人が情報収集に重要な役割を持つと考えられる.そこで本研究では,低価格のGPSを用いて一般人を対象に位置情報取得の実験及びGPSの使用法と精度に関する調査と実験を行った.この結果,低価格GPSと一般人の組み合わせでも用途次第で有効に活用できることがわかった.

2D-4 自律協調型防災システムによる安心・安全の確保に関する研究-時空間情報処理による危機管理技術の研究開発(5)-
 角本 繁,古戸 孝,佐々木光明,塩飽孝一
被災時に住民の安心・安全を確保するためには,被災情報の収集や被災現況の迅速な把握が求められ,復興業務では住民の要求尊重が期待されます.そこで,特に①人命救助に活用できる情報収集,②個人情報の守秘と住民の要求反映を可能にする罹災証明関連業務などを,総合的に行う自治体業務支援システムの開発を進めている.時空間情報処理の応用として発表する.

2D-5 危険物輸送におけるリスクを考慮した経路選択の有効性に関する研究
 枝廣 篤,畑山 満則
危険物を輸送する際には万一の漏出事故を想定して,経路選択においてリスクを考慮することが提案されている.しかし,一般的にはリスクを考慮した輸送経路選択は行われず,最短経路が選択されることが多い.そこで本研究では,道路および人口データを用いて,最短経路とリスクを考慮した経路の総コストを比較し,危険物輸送においてリスクを考慮した経路選択が,最短経路に比べてどの程度有効であるかを検討する.


Session 3D 都市・地域分析(住宅・不動産) 司会:落合 司郎

3D-1 土地取引価格の空間内挿への共クリギングの適用可能性の検討
 李 勇鶴,井上 亮,清水英範
不動産市場の透明性向上には任意地点の地価情報提供が不可欠である.情報提供方法の一つに空間統計手法による内挿があるが,取引価格のように空間的偏在がある情報を用いる場合,高精度の内挿を全域で行うことは難しい.本研究では空間相関の強い補助変数を利用する共クリギングに着目し,地価推定への適用可能性を検討する.取引価格の内挿に路線価を用いて共クリギングによる地価内挿を行い適用可能性を検討した.

3D-2 時空間クリギングによる地価分布の視覚化
 吉田 雄太郎,井上 亮,清水英範,李 勇鶴
市場原理により土地の高度・有効利用を促進する施策の一環として,地価情報の更なる整備と公開の必要性が指摘されてきたが,現在の地価公開情報では全土地の価格や動向の提供は不可能であり,時空間で蓄積された地価情報を利用した地価内挿が不可欠である.本研究では,時空間内挿を行う方法論として時空間クリギングに着目し,東京23区の1975~2007年の公示地価データを用いて地価内挿への適用可能性を検討し,地価情報の視覚化を行う.

3D-3 ジオデモグラフィクスを用いた都市内における地価分布の分析
 松岡 恵悟
都市内部の地価分布は,交通条件や用途地域,機能の集積度など,様々な条件により決定される.日本の都市の地価分布に関して,近年とくに不動産投資との関連から都心商業地の地価動向が話題の中心であるが,面積的に多くを占める住宅地について議論されることは少ない.都心周辺や郊外の住宅地に視点を広げた場合,それらの地価分布が交通条件や居住者の属性など近隣環境の諸条件とどのように関連しているのか,ジオデモグラフィクスを使用して分析するとともに,その手法の有効性を検討する.

3D-4 ストックホルム都市圏における職住分離に関する研究
 山下 潤
近年各国で,都心から郊外の就業地への機能移転が進展しつつあるが,郊外へ移転した就業地では専門性の高い業種が求められており,旧来からある都心の就業地で求められていた労働力とは性格が異なる.このため,専門知識・技術を有しない単純労働者は旧来の都心就業地周辺に取り残される傾向がみられる.本研究では,ストックホルム都市圏を対象に,都心・郊外の就業地と居住地において,このような傾向があるかを検討した.


Session 4D 基礎理論 司会:田中 一成

4D-1 連続面積カルトグラム作成アルゴリズムの高速化と大規模問題への応用
 井上 亮,北浦 一輝,清水 英範
空間情報の視覚化手法の一つである面積カルトグラムに関して,これまで操作が簡潔な作成アルゴリズムを提案してきたが,地域数や地域形状を表す頂点数が増加すると計算量が爆発的に増大し,実行可能性に欠けるという問題を抱えていた.そこで本研究では,作成アルゴリズムの数値計算手法の改良,および同時に計算する地域数・頂点数の削減法の提案を通して,より実用的な作成アルゴリズムを作成し,大規模問題への応用を通して実行可能性を検討する.

4D-2 動的クラスタリング手法を用いた3Dビジュアライゼーション
 佐藤 俊明,内間 満明
GPS携帯電話の普及などにより大量な移動点の取得が可能となってきた.これにより人や物の行動監視が可能となるが,人間の知覚能力には限界があり,時々刻々と変化する移動点を直接理解することは難しい.従来は,移動点を直感的に把握するために2Dアニメーションで表現するものが多かったが,移動点同士が重なり合ってしまうため密集度などの把握に限界があった.そこで本論文では,3次元グラフィックスを用いて移動点の密集度などを定性的かつ定量的に把握できるツールの開発を行った.

4D-3 時空間クリギングを用いた旅行時間予測
 三浦 英俊
2002年に名古屋地区で収集されたタクシープローブデータに時空間クリギングを適用し,自動車による2地点間の旅行時間予測を試みる.乗車平面座標,降車平面座標,および出発時刻からなる5次元空間に客の乗車から降車までを1トリップとして1000トリップを観測データとして与えて時空間クリギングを行う.通常の空間クリギングと比べて誤差二乗和がおよそ9%改善できた.


Session 1E 教育(高等教育におけるGISI) 司会:村山 祐司

1E-1 都市リスク分野における大学院GIS教育の実践 ~筑波大学大学院システム情報工学研究科リスク工学専攻での取り組み~
 鈴木 勉,糸井川 栄一,村尾 修,谷口 綾子,梅本 通孝,渡辺 泰弘,李 召熙,鎌田 智之,黒住 展尭,仲里 英晃
本論文では,大学院教育における地理情報教育コンテンツの開発と実践という目的のもと,筑波大学大学院システム情報工学研究科リスク工学専攻におけるGIS教育の実践例として,筑波大学大学院システム情報工学研究科リスク工学専攻の「都市リスク分析演習」における実践例を報告する.本科目による達成項目としては,(1)演習を通して学生にGISの基本操作とGISを活用した課題解決を学ばせること,(2)グループワークによるGISの活用とコミュニケーションの能力の向上が挙げられる.履修者への授業評価の結果や専攻として実施している授業モニタリングの報告を見ても,本科目に対する評価は良好であり,大学院レベルのGIS教育の一つのモデルケースとなりうる.

1E-2 地理学分野におけるGIS教育の展開 筑波大学自然学類・大学院生命環境科学研究科地球環境科学専攻における事例
 森本 健弘,村山 祐司
本稿では筆者が筑波大学第一学群自然学類および大学院生命環境科学研究科の地理学分野において行うGIS教育の枠組みと実践例を報告し,あわせてGIS教授法について今後の課題と展望を述べる.前者ではGISの基礎的な概念と操作法を学ばせており,専門分野でのGIS利用への接続とe-Learningの効果的な活用が課題である.後者では学生各自が研究へ応用できるように空間データの収集・表示・分析の手法を講義・演習・野外実習によって学ばせ効果をあげている.

1E-3 歴史的絵図を活用した文系学生へのGIS教育
 田中 耕市,平井 松午
本研究は,文系学生に対して有効なGIS教育法の検討とその成果を報告する.理系学生と比較して,文系学生はPC操作を不得手とする割合が高いうえに,興味を持つ事象も大いに異なる.そのため,文系学生に対してGIS教育を行う際には,理系学生に対する場合とは異なった,より的確な教育題材の選定が肝要となる.本研究では, 1840年前後に作成された歴史的価値の高い絵図を題材として,土地利用変化分析をテーマとしたGIS教育を文系学生に実施した.

1E-4 都市計画マスタープラン策定の実習教育における地理情報システムの活用:筑波大学社会工学類での試み
 堤 盛人,岡本 直久,大澤 義明
都市計画に関する高等教育の現場ではGISの導入が進み,様々な講義や演習・実習等でその利用が一般化しつつあるが,地理情報科学教育という観点からこれらの現状を眺めた時,その教授法に関しては未だ体系化からほど遠いと言わざるを得ない.
 本研究は,地理情報科学の教授法の確立に資することを目的として,筑波大学社会工学類で開講されている「都市計画マスタープラン策定実習」によるGISの利活用事例を紹介し,GISの利活用を通して確認できた効果と課題について考察する.

1E-5 アメリカにおけるGISを用いた都市計画教科書の研究とその日本への適用に関する考察
 山田 孝太郎,高取 千佳,永野 真義,貞広 幸雄
This paper reviews a textbook of city planning "Hypothetical City Workbook III". The book accompanies GIS exercises running on ArcGIS. Software and spatial data are provided on a CD-ROM, which assume a hypothetical city in the United States. To apply the book and exercises to city planning education in Japan, this paper discusses the contents of the book and materials in digital format.


Session 2E 自然環境(地形・森林) 司会:高田 雅之

2E-1 人間活動を表す指標を用いた森林分布変化モデル  -京都府旧夜久野町における小流域単位の土地利用と森林変化-
 竹内 道也,伊藤 達夫
わが国においては森林の空間分布には人間活動が大きく影響している.特に山間地域では,建築用材や農業資材,肥料を得るだけでなく,たけのこ栽培や薪炭生産のために森林は利用されていた.これらの因子が過去の森林分布に影響していただけでなく,その後の人間と森林との関係の希薄化の程度が森林変化に違いをもたらしたと考えられる.そこで本研究では,森林分布の変化を人為的影響の面から説明することを試みた.

2E-2 自然度・防災度を評価軸とした大規模地形改変工事地域周辺の複合評価
 大野 剛,石野 和男,藤原 靖
本研究では自然度と防災度を評価軸としたGISによる複合評価手法を検討した.関東地方多摩川流域のK丘陵内を対象地域として,自然度は「現存植生状況」「土壌生産力」「水源涵養力」,防災度は「急傾斜地崩壊危険度」「土石流危険度」と設定して,評価項目とした.各評価項目を点数化して重ね合わせる手法により,自然環境の保全および防災を考慮した地形改変事業の候補地選定を容易に行うことが確認できた.本手法の展開により,事業に関わる人たちへの理解度が高まるツールとなることが期待できる.

2E-3 DEMを用いた地形解析にもとづく奥羽山地の多雪流域における自然植生図の作成
 松浦 俊也,鈴木 和次郎
ブナ林が卓越する奥羽山地の多雪流域を対象に,1/25,000現存植生図において捉えられた7タイプの相観植生(老齢・壮齢・矮性ブナ林,ササ草地,キタゴヨウ林,雪崩草地,渓畔林)の分布と10m DEMから算出した各種地形特徴量との関係を二項ロジスティック回帰により求め,相観植生ごとの分布特徴を捉え,分布適地を推定した.結果,東北地方日本海側の多雪山地の典型的な植生分布の特徴が捉えられ,積雪分布,風衝,雪崩の起きやすさなどにより解釈できた.

2E-4 北アルプス雲ノ平における登山道周辺に発生した裸地の空間分布の推移
 下嶋 聖,伊藤 二朗,原 慶太郎
北アルプス雲ノ平を対象に,踏圧を起因とする裸地の空間分布と面積の推移について時系列解析を行った.解析には,過去60年間に撮影された空中写真を使用し,目視判読により裸地を抽出した.現地調査によって得られた詳細な裸地の分布図をもとに,裸地が出現する傾向を標高別,傾斜角度別,斜面方位別に調べ,裸地の空間分布の特性を明らかにした.さらに,裸地の空間分布の特性より効果的な植生復元方法について検討した.

2E-5 地形因子に基づくスギ樹高成長の空間変動モデル -リモートセンシングによる効率的な森林調査に向けて-
 櫻井 聖悟,伊藤 達夫
スギの樹高は,成育する場所の水分状態により変動し,局所的に非常によい成長を示す.地上分解能が数10メートル程度の衛星画像では,林分単位でしか解析できず,林分内の樹高の局所的な変動を考慮する余地はなかった.しかし,高分解能衛星画像においては,同齢林内での樹高の空間的な変動を考慮し,特に成長のよい場所を分けて扱うことで,効率的かつ正確に林分材積等を推定できる可能性がある.本研究では,標高データから算出できる数個の地形因子を用いてスギ樹高成長の空間変動をモデル化することを試みた.


Session 3E 自治体(整備・適用) 司会:吉川 耕司

3E-1 住民意識調査における希望都市施設とその建設希望地点のデータ取得方法と回答データの特徴に関する研究
 川向 肇, 有馬 昌宏
兵庫県たつの市との共同研究として行った全世帯を対象とした住民意識調査では,自由回答形式で新たに建設を希望する都市施設を問うとともに,質問紙上の地図に丸記号を記入する形式でその建設希望地点に関するデータを取得した.本研究では,記入された丸記号の形状と大きさについて,建設希望施設の種別や回答者の個人属性の観点から分析した結果を示した上で,このような調査手法による空間データ取得の問題点と今後の可能性について報告する.

3E-2 国土地理院と地方自治体が連携した基盤地図情報と共用GISの整備
 小荒井 衛,坂部 真一,大木 章一,岡庭 直久,須崎 哲典,菅 富美男,細川 與司勝,住田 英二,藤原 敏郎
国土地理院と見附市とが連携して行った基盤地図情報含む地図情報(地図情報レベル2500と1000の組み合わせによるハイブリッド型都市計画図)の整備と,それを背景地図とした庁内共用GIS整備計画の構想,及び電子国土webシステムを使った市民への情報発信の取り組み実践について,報告する.国土地理院では今回の事業展開を見附モデルとして,今後の基盤地図情報整備の一つの手法として,他の自治体等も対象にして展開していく予定である.

3E-3 QRコードを用いた情報収集方式の地域防災拠点への適用 ―時空間情報処理による危機管理技術の研究開発 (7)―
 佐々木 光明,塩飽 孝一,古戸 孝,山崎 誠,角本 繁
著者ら研究チームは,自主防災組織による使用を想定し,効果的な共助を目的とした情報システムを,時空間情報処理が可能であるDiMSISをGISエンジンに使い開発した.開発した情報システムのQRコードを利用した安否確認機能は,横浜市の地域防災拠点の防災訓練で使用された.その結果,PC使用経験の浅い住民が少ない時間のトレーニングで利用することが可能であり,かつ,素早く情報収集を行うことが可能であることが明らかとなった.

3E-4 地方自治体におけるGIS発展過程分析の試み
 深田 秀実,阿部 昭博
地方自治体では,阪神・淡路大震災以降,地理情報システム(GIS)の導入が進んできた.先行研究では,その利用動向の調査は行われてきたが,情報システム発展過程という視点からGISを分析した研究事例は少ない.そこで,ノーランが提唱しているステージ理論に立脚し,2つの自治体を事例として,GIS発展過程の分析を試みた.その結果,個別GISから統合型GISに展開してきた自治体では,GISの発展過程をステージ理論に当てはめて分析することにより,現在の発展段階を明確にできる可能性があることがわかった.また,この分析結果について,今後統合型GISを導入する予定がある自治体に対して調査を実施し,発展過程分析の有用性について検討した.

3E-5 利用者の行動支援を考慮した地域SNS連携マップの試作
 曽我 和哉,窪田 諭,市川 尚,阿部 昭博
現行の地域SNSはWebGISと連携されているが,有用性, 操作性に問題がある. 本研究では, 盛岡市と滝沢村のニーズを加味し, 地域SNSの利用者が行動エリアを設定することで, 地域SNS内に投稿された情報から行動エリアにマッチした情報を効果的に収集・利用可能なマップシステムを試作した.


Session 4E 都市・地域分析(交通と行動) 司会:関本 義秀

4E-1 紙地図とGPSによる小学生児童の日常行動の測定
 島田 貴仁,齊藤 知範,雨宮 護,茂串 誠二,原田 豊,雨宮 有
犯罪からの子どもの安全を確保するためには,子どもの日常行動を適切に把握し,防犯資源を配分する必要がある.小学生児童の放課後の日常空間行動を紙地図(1日間)とGPS(2週間)を用いて測定し,行動経路やアンカーポイントの抽出を試み,測定方法の得失を検討した.

4E-2 観測交通量による駅前商業施設集積地区の交通需要推計モデルの開発
 笠原 太郎,岩城 伸幸,谷口 一晃,島川 陽一
本発表では駅周辺商業地区を対象にした徒歩交通の交通需要推計モデルを提案する.鉄道駅周辺の商業施設の立地や小中学校等の交通安全対策の立案において道路区間を流れる徒歩・自転車の交通流量は重要な検討要素である.現在はその候補地に調査員を派遣し,実測することにより交通量を測定しているが,このやり方では測定地点が限られるうえに調査コストは非常に大きい.本発表で提案するモデルはいくつかの道路区間の観測交通量を用いて対象地域全体の交通需要を推定し,その交通量から非観測区間の交通量を推定する.

4E-3 建物別事業所従業者数の推定と駅-建物間通勤流動の予測 ―東京都新宿区新宿3丁目を事例として―
 牟田 浩二
本研究では,東京都新宿区新宿3丁目において,建物別事業所従業者数を推定し,駅-建物間通勤経路を設定することで,都市地域内の通勤流動を予測することを目的とする.建物別事業所従業者の推定では,新宿3丁目における事業所・企業統計調査報告(平成18年)の従業者数を,建物の事業所の床面積に応じて配分する方法をとる.駅-建物間通勤流動の予測では,新宿駅から各建物への最短経路を移動するものと仮定する.

4E-4 近接性分析にもとづくバス交通のサービス水準に関する考察
 権田 与志道,奥貫 圭一
本研究は,バス交通サービスの都市内部での空間的偏りについて考察したものである.考察にあたっては,近接性の視点に立ってバス交通網を分析したフォーラー・キビル(1985)の考え方を用いた.具体的には,高齢者の都市内移動に着目し,岐阜市における高齢者分布とサービスされているバス交通網との関係を分析した.さらに,この分析を通じて,GIS利用を前提としたときのキビルの考え方の有効性を検討した.

4E-5 外部空間における音環境と滞留行動の関係
 嶋田 圭佑,田中 一成,吉川 眞
都市の外部空間には,人々が昼食をとり読書をするような快適な空間がある.しかし,このような空間はあらゆる所に存在するものではない.本研究では,外部空間において人が集まる快適な空間の環境要素を捉えることを最終的な目的とする.食事や読書などの滞留行動の予備調査・分析の結果から音環境に着目し,大阪市を対象として広域と狭域で調査・分析を行った.その結果,騒音レベルと滞留行動の関係を明らかにした.


Session 1F 教育(高等教育におけるGISII) 司会:堤 盛人

1F-1 水文学の学生に対するGIS教育法の検討
 杉田 倫明,村山 祐司
水文学に関する卒業研究等に取り組む学部生を対象にGISの教育法を検討し,教材の開発,教材を利用した授業の実施,評価と教材の改良を行った.対象は主にGISには直接関係しない一般的な研究課題でのデータ解析や結果の表示におけるGISの利用である.このために,地形解析,水系図の作成と次数区分,降水量の分布図の作成と面積降水量の算出などを教材とし,実習を通してGISを理解できるような教材を作成した. 3年間にわたる検討の結果,概ね卒論等で役に立つであろう教材がまとまったが,理解度の異なる受講者全員を満足させる授業の進め方には問題点が残り,今後の課題としてあげられた.

1F-2 地理情報科学標準カリキュラムに基づくシラバス案の作成と比較
 小口 高,奥貫 圭一,佐々木 緑,谷 謙二,村山 祐司,森島 済,米澤 千夏
約5年間の検討を経て策定された地理情報科学標準カリキュラムは,今後の日本の大学教育において,有効活用されるべきである.本研究では,大学でGIS関係の講義を担当している7名が,地理系の標準カリキュラムに基づいて,実際の授業を想定したシラバスを複数作成した.次に,含まれる項目に基づいてシラバスの特徴を比較・検討し,今後,標準カリキュラムを有効活用するための議論を行った.

1F-3 教員養成系学部におけるGIS関連教育の実践―金沢大学教育学部の例―
 伊藤 悟,湯田 ミノリ
わが国の大学では,一般学部でも所定の単位を修得すれば中学校・高等学校の教員免許状を取得できる場合も多いが,教員養成系学部は小学校を初めとした学校教員の養成を主な目的にする.また近年,現職教員の資質向上が叫ばれるなか,教育委員会や地域との連携により,それらへ対応大きな使命となってきた.そこで,本報告では,教員養成系学部の1つである金沢大学教育学部を事例に,教員養成系学部におけるGIS関連教育の現状と課題を考察したい.

1F-4 米国のGIS教育プログラムにおける分野連携
 河端 瑞貴,タパ ラジェッシュ バハドール
本研究は,2007年度の米国大学のGIS教育プログラムと,そのカリキュラムにおける分野間の連携状況,および地理系と情報系の連携状況を調査した.歴史・地理系が中心的役割を担っているカリキュラムが多いが,情報系,社会科学系,科学系,技術系が関わるカリキュラムも少なからず存在していた.また,これらの分野が連携したカリキュラムもしばしばみられ,地理系と情報系の連携も約1割のカリキュラムにみられた.

1F-5 高大連携活動と地理情報教育
 大澤 義明,津賀 宗充,斎尾 直子,吉野 邦彦,渡辺 俊,小林 隆史
平成19年に,サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト「高校生の視座から考える茨城のまちづくり」において,鉾田一高高校生32名による,鉾田まちづくり提案を行った.その際,空間解析演習として,コーホート要因法による人口推計,航空写真による地域発展把握,デジタル地図作成を行った.これらの活動経験を通して,高校生への地理情報教育,高大連携における地理情報科学の位置づけ,TAである大学院生への教育効果等を総括する.


Session 2F 自然環境(水環境) 司会:伊藤 達夫

2F-1 硝酸態窒素による地下水汚染ポテンシャルの広域的評価
 高田 雅之,三島 啓雄,北川 理恵,棗 庄輔
硝酸態窒素による地下水汚染の現状と汚染ポテンシャルを評価することを目的として,北海道全域を対象に,GISを用いた解析を行った.まず既存の地下水水質データとその立地特性について,地質及び土地利用との関係性が示された.次に米EPAが地下水汚染リスク評価のために構築したDRASTICモデルを改良して,地下水位,水収支,土壌,地質,地形,不飽和層の透水性等の面的情報から,広域的な汚染ポテンシャルの評価を試みた.

2F-2 神奈川県沿岸域における藻場形成要因の抽出
 中澤 公伯,岩下 圭之,大木 宜章,宮崎 隆昌,神野 英毅
藻場によるCO2の固定は,陸上の植物と同様に資源循環型社会の構築に向けて大きな注目を浴びているが,光合成速度が水深や透明度に大きく左右されるために,造成計画の場面における空間的な取り扱いには三次元的な空間分析が必要となる.神奈川県沿岸域をケーススタディーとして,藻場の立地と水深・水温・栄養塩類・透明度等の藻場の形成要因となる諸要素の関係についての空間分析手法を検討した.

2F-3 気候変動と土地利用の変化が地域レベルの河川流に与える影響の考察:スレポック川流域でのケーススタディ
 川崎 昭如,スリカンタ ヘラート,ピーター ロジャース,目黒 公郎
本研究では,ベトナム中央高地に源流を発し,カンボジア北西部を通り,メコン川へ注ぎ込まれるスレポック川流域において,これからの気候変動と人口増加が地域レベルでの河川流の変動に与える影響を分析した.IPCCシナリオにもとづく複数の大循環モデル(GCMs)と簡易的な土地利用シナリオを用いて,2050年の河川流の変動をシミュレートすることで,気候変動および人口増加に対する地域レベルでの適応策を検討した.

2F-4 霞ヶ浦流域モデルによる排出負荷量の算出と河川水質予測
 北村 立実,根岸 正美
霞ヶ浦流域の統計情報や河川水質モニタリング調査結果に基づきGISを用いた霞ヶ浦流域のデータベースを作成した.今回はそれを基に霞ヶ浦流域の汚濁排出負荷量(COD,T-N,T-P)を算出するとともに,流れ解析モデルと水質解析モデルを組み合わせることによって流入河川の水質を再現する霞ヶ浦流域モデルを構築した.さらに,本モデルを用いていくつかの汚濁負荷削減対策のシナリオを想定し,それらによる河川水質への影響を予測した.


Session 3F 自治体(効果分析) 司会:川向 肇

3F-1 地理空間情報の広域共同整備によるコスト削減効果とその試算
 山本 尉太,溝淵 真弓,関本 義秀,中村 秀至,柴崎 亮介
地方公共団体における地理空間情報の整備・利用の効率化を目的として統合型GISが推進されてきたが,国・地方公共団体の財政事情を背景として,更なる効率化が求められている.また,このような効率化に向けた取り組みは,一時的・短期的に終わることなく,持続可能な仕組みとなる必要がある.本研究では,効率化手法のひとつとして地理空間情報の広域共同整備に着眼し,コスト削減効果の具体的な考え方の整理と試算を行った.

3F-2 地理空間情報の整備における共同化の効果とリスクに関する考察
 中村 秀至,関本 義秀,山本 尉太,溝淵 真弓,柴崎 亮介
地方公共団体が空間情報を整備する際に,重複を排除しまた規模による効率性を活かす上で県,市町村が共同して取り組むことが有効である.一方,共同して空間情報整備に取り組むには整備する空間情報の仕様や整備時期が個々の地方公共団体にとって望むとおりにならないことや負担に関する調整に時間がかかるなど,単独で取り組むのに比べて上手く進まないリスクが存在する.本研究では共同化の合意形成に不可欠なプロジェクトの定量的な評価について,失敗のリスクも考慮に入れた新しい方法論を考察した.

3F-3 全国自治体ウェブサイトにおける公開地図サービスの実態に関する研究
 澁木 猛,李 ヨンジュ,関本 義秀,柴崎 亮介
本研究は,平成20年4月1日現在における全国1,858自治体(都道府県及び市町村)を調査対象としてウェブサイトを閲覧し,公開されている地図サービスの主題,背景地図の種類,背景地図の提供機関,縮尺バリエーションなどについて,ウェブサイト上の情報により調査・整理・分析したものである.現在集計済みの約1,400の自治体のうち,約8割にあたる自治体ウェブサイト上で最低1つ以上の地図サービスを公開している.

3F-4 導入の費用対効果算出方法に対する検討 -地方自治体における全庁統合型時空間GISの実践研究(2)-
 浅野 耕一,渡邊 佑真,佐々木 幸治
平成17年度から19年度にかけて秋田県由利本荘市に導入された全庁統合型時空間GISの費用対効果算出方法について検討した.前報での検討結果に基づいて作成されたシステムによる業務時間短縮と住民サービス向上の効果を評価する方法と,共用時空間データによる重複投資の削減効果を算出する方法を検討した.導入直後の運用状況に対する実態調査結果にもとづき,現状の問題点と今後の改善策,及び予測される効果について考察した.

3F-5 富田林市における庁内でのGIS関連情報共有のための研究会活動の試み
 吉川 耕司,浅野 和仁,井之上 清香
自治体GISの導入には,技術的な事柄とともに,いかに職員の業務に役立つ形態とし,またその体制や仕組みを構築するかの検討が不可欠である.富田林市では,全課職員で構成されつつも有志が自発的に参加する「GIS研究会」を頻繁に開催し,地に足のついた議論が念入りになされた.その結果,「相関図」「庁内用GISセット」「GIS通信」「地図カタログ」といったユニークなアウトプットが生まれている.本稿では,自治体GIS導入の重要なステップとして,こうした取り組みの概要を紹介する.


Session 4F ポスターセッション紹介 司会:井上 亮

4F-1 住民共助を対象とした人的資源による地域防災力評価手法の一考察
 浅野 耕一,石澤 公明
平成17年度から19年度にかけて秋田県由利本荘市に導入された全庁統合型時空間GISの費用対効果算出方法について検討した.前報での検討結果に基づいて作成されたシステムによる業務時間短縮と住民サービス向上の効果を評価する方法と,共用時空間データによる重複投資の削減効果を算出する方法を検討した.導入直後の運用状況に対する実態調査結果にもとづき,現状の問題点と今後の改善策,及び予測される効果について考察した.

4F-2 時空間情報可視化システム
 上山 智士, 秋山 祐樹, 柴崎 亮介
大規模災害等への対策の一環として,地域防災力を評価することで地区レベルの防災まちづくりに役立てようという試みが行われている.そこで,本研究では地域防災力評価方法のひとつとして,地域が個人の集合として形成されていることに着目し,住民個人レベルでのシーズとニーズを推測する手法を検討した.災害混乱期における共助活動を対象とし,統計GISを用いて,それらを定量的に評価する指標を提案した.

4F-3 北海道における自然エネルギー発電の適地選定と発電可能量の検討
 田中 さち恵,有光 加理,大出 亜矢子,水谷 杏里,山田 果菜子,尹 善渶,福井弘道
本研究は,北海道における太陽光発電と風力発電の発電適地および発電可能量の検討を行った.発電適地の選定には,風力および太陽光発電に関して,必要な自然条件(日射量,風速等)や発電所建設の制限条件(森林,活断層,傾斜,自然公園地域,自然保全地域等),社会条件(人口集中地域,送電線等)を考慮に入れ適地選定を行った.本研究の結果に基づき,Web-GISによる自然エネルギーポテンシャル計量支援システムの構築を行う予定である.

4F-4 自然公園に含まれていない保護上重要な植物群落の保全状況
 宮川 将,朱宮 丈晴,古橋 大地,原 慶太郎,吉田 正人
全国の保護上重要な植物群落の分布情報として日本自然保護協会が整備した植物群落RDBを用い,国立公園・国定公園のデータとのオーバーレイによりその被覆率を明らかにした.その結果国立公園で15.5%,国定公園で21.8%の植物群落が含まれていた.自然公園に含まれていない約60%の植物群落について,植物群落RDBにおいて評価した「保護・管理状態」から保護の緊急性を解析し,優先的に保護すべき植物群落を明らかにした.

4F-5 テナントスケールの時空間都市データセット開発とそれを用いた将来再開発地域の推定
 秋山 祐樹,澁木 猛,柴崎 亮介
本研究では複数年分の電子住宅地図と電話帳データを独自の時空間統合技術を用いて統合し,テナントスケールで都市の変遷を観察出来るデータセットを開発した.任意時点間のテナントの変化,3次元的な位置情報,,詳細な業種情報が観察出来る.さらに本研究では本データセットを用いた分析例として将来再開発地域の推定を行なった.公示地価との突合せも行い,将来的に投資ポテンシャルが高まる地域の予測を試みた.

4F-6 観測交通量による駅前商業施設集積地区の交通需要推計モデルの開発
 笠原 太郎,岩城 伸幸,谷口 一晃,島川 陽一
本発表では駅周辺商業地区を対象にした徒歩交通の交通需要推計モデルを提案する.鉄道駅周辺の商業施設の立地や小中学校等の交通安全対策の立案において道路区間を流れる徒歩・自転車の交通流量は重要な検討要素である.現在はその候補地に調査員を派遣し,実測することにより交通量を測定しているが,このやり方では測定地点が限られるうえに調査コストは非常に大きい.本発表で提案するモデルはいくつかの道路区間の観測交通量を用いて対象地域全体の交通需要を推定し,その交通量から非観測区間の交通量を推定する.

4F-7 震災復興グランドデザインにおける高精度地理情報の整備と実践
 厳 網林,稲葉 佳之,大場 章弘,石川 幹子,加藤 孝明
本発表では駅周辺商業地区を対象にした徒歩交通の交通需要推計モデルを提案する.鉄道駅周辺の商業施設の立地や小中学校等の交通安全対策の立案において道路区間を流れる徒歩・自転車の交通流量は重要な検討要素である.現在はその候補地に調査員を派遣し,実測することにより交通量を測定しているが,このやり方では測定地点が限られるうえに調査コストは非常に大きい.本発表で提案するモデルはいくつかの道路区間の観測交通量を用いて対象地域全体の交通需要を推定し,その交通量から非観測区間の交通量を推定する.

4F-8 地理情報標準応用スキーマ設計手法を用いた文化情報学的研究
 藤本 悠
地理情報標準が提供する応用スキーマ設計手法は,複雑な時空間的現象を明示的に説明する上で有効な手法である.同標準における論議領域を個々の研究者の理念的側面に置き換えると,同手法は研究者の理念的側面を客観化する上で重要な手法となり得る.本研究では,応用スキーマ設計手法と分子進化遺伝学の系統樹作成手法を組み合わせた「理念型モデル化分析法」を提示し,同研究手法を文化現象研究に適応した事例を紹介する.

4F-9 横浜関内地区3次元webGISの構築  -3次元webGISにおける簡易な街並み再現方法の開発 その1-
 番匠 俊允,渡辺 祟人,住田 大樹,吉田 俊,大栗 愛子,歌代 和男,マット・カールソン,上平 好弘,後藤 寛
横浜市関内地区全域を対象に,3次元webGIS上の建築物に壁面写真を貼り付ける方法で街並みを再現した.3次元GIS 上にレーザプロファイラデータをもとに建物をモデリングし,対象地域の建物のすべての壁面についてデジタルカメラで撮影した壁面写真を加工して貼り付けるプロジェクトの概要およびそのための体制の組み方の工夫と,その中で得られたデータ取得・加工・作成方法の知見を報告する.

4F-10 過疎農山村における集落内情報共有に関する研究―別府市内成地区を事例に―
 東 良太,磯田 弦
過疎農山村において,農業従事者の減少や高齢化など担い手不足が深刻化している.このような中で,農村社会学では集落内で担い手の状況に関する情報共有をすることが地域社会を維持していく上で重要だと指摘している.本研究では,別府市内成地区を対象として,世帯構成変化・担い手の状況を農地に投影し,その結果を集落で共有していくことで,住民・集落自身による集落の将来計画を喚起していくことを研究目的としている.

4F-11 Zigbeeを用いた野生動物農業被害防除システムの検討
 伊吾田 宏正,鈴木 透,金子 正美,星野 仏方,吉田 剛司
近年野生動物と人間との軋轢が深刻な社会問題となっている一方,適正な野生動物管理を行うための生物学的基礎情報や担い手は不足しているのが現状である.そこで本研究では,Zigbeeを用いた野生動物農業被害防除システムを構築することを目的とし,まずGPSとWebGIS,Zigbeeを組み合わせた野生動物のモニタリングシステムを設計し,Zigbeeの実用試験を行い,その有効性を検証した.

4F-12 佐倉市畔田における竹林拡大過程とその対策
 江村 康平,谷垣 悠介,下嶋 聖,原 慶太郎
全国の里山において管理放棄された竹林の分布拡大が大きな問題となっている.本研究では,千葉県北西部の佐倉市畔田における約40年間(1970,1980,1990,2001,2007年)の空中写真から得られる竹林分布の経年変化と現地調査結果(林内の竹密度,周囲の植生,斜面角,斜面方位)を用いて,竹林分布の空間特性を解析した.さらにその結果から畔田における竹林の管理方法について検討した.

4F-13 名古屋市における建物の集約度に関する研究
 曹 鑫,大西 暁生,村山 顕人,清水 裕之,東 修,平野 勇二郎,井村 秀文
都市は,その土地が本来許容し得る以上の環境容量を超えて集積することによって温暖化など様々な環境問題の温床となっている.そのため,この都市空間の変容が及ぼす環境問題の対策として,都市の空間再編が提案されている.名古屋市でも,「低炭素でも快適な都市」を目標に,駅周辺に住宅や利便施設を集約する空間再編が進められている.本研究では,このような空間再編の施策を評価するため,都市空間の状況を3次元的な集約度として指標化することによって,建物のまとまり度合いを評価した.

4F-14 地形図を利用した湿原面積の推定
 金子 正美,鈴木 透,中谷 曜子,小野 貴司
自然再生事業においていつの時代の自然環境に戻すのかということは重要である.北海道の釧路湿原,サロベツ湿原においても過去の湿原の状況を目標として自然再生事業が行われている.そこで本研究では多時期の地形図を基に多時期の湿原の範囲を推定し,湿原面積の変遷を評価した.さらに地形図を用いた湿原面積の推定における問題点などを整理した.

4F-15 屋上・壁面緑化を活かした景観づくりに向けたデータベース作成とその解析に基づく地域特性把握
 菊池 佐智子,輿水 肇
本研究では,都市内空間緑化の推進に向けて,既成市街地における公園緑地等の現状と課題を明らかにし,屋上・壁面緑化を活かした景観づくりの取組の方向性を検討している.現在までに,千代田区都市計画マスタープラン(1998)に位置づけられた7地域から「神保町地域」を対象に,空間情報データと現地調査(菊池,2008),景観資源抽出手法(北海道空知支庁,2008)を適用し,地域らしい景観特性を把握し,GIS上に図化した.

4F-16 犯罪率と地域特性の時空間分析
 菊池 城治
犯罪学者は,犯罪率の時間的変化といった,縦断的分析・時系列分析を数々行ってきた.しかしながらアメリカにおいて多くの縦断的分析は,郡などを分析単位としていて,市内の小地域において犯罪率の変化にいかにばらつきがあるかについて分析が欠けてきた.今研究では,アメリカシアトル市内の国勢調査地域を分析単位とし,犯罪率の時間的変化と地域特性との関わりを分析する.

4F-17 秋田市における商業構造の変容
 工藤 宏子
本研究では,秋田県秋田市を事例として小売業に着目し,商業地域の空間構造,機能的分化,業種の変容から秋田市の商業構造を明らかにする.大規模小売業の店舗立地展開を検証し,中心商店街など地区の小売業との関係から秋田市の分布パターンの規則性を解明することで空間構造を明らかにする.また,分布パターンや公共交通機関との距離と立地分化の関係から機能的分化を明らかにし,業種の変容から秋田市の商業の変容を考察する.

4F-18 千葉県における希少植物の分布と環境要因の関係
 牛膓 剛己,富田 瑞樹,原 慶太郎
本研究は千葉県レッドデータブックに記載された植物(RDB種)を対象に,その分布と環境要因との関係を把握することを目的とした.千葉県の3次メッシュ(n=5154)ごとにRDB種の在・不在を確認したうえで,環境要因との関係について解析した.環境要因として用いたのは,国土数値情報の気候値メッシュ,標高・傾斜度メッシュである.その結果,南総や北総に限られて分布する種,分布が気温に制限される種,県内に広範囲に出現する種が確認された.

4F-19 手賀沼流域における水生植物の分布と環境要因の関係
 齋藤 康宏,富田 瑞樹,林 紀男,原 慶太郎
本研究は,市民の協力によって得られた手賀沼流域に生育する水生植物の分布情報をArcGISを用いてデータベース化し,水生植物の分布と環境要因との関係を明らかにすることを目的とした.流域全体で21種が確認され,手賀沼南西部の大津川流域では要注意外来生物のオオカナダモが,東部の亀成川流域では千葉県重要保護生物のイトモなどが分布していた.発表では,ASTERデータを用いて流域の環境要因と水生植物の分布との関係について解析した結果を報告する.

4F-20 モバイルGISを用いた目撃情報登録システムの開発
 笹川 裕史,羽太 博樹,鈴木 透,山根 正伸,片谷 信治,山口 孝子
自然再生や自然公園の維持管理においては,空間情報を含む大量の詳細な情報が必要とされる.そのため,効率的かつ高精度にデータを収集・蓄積するツールが求められる.そこで本研究では,丹沢大山地域における野生動植物情報や自然公園施設情報を現地で入力するための,モバイルGISを用いた目撃情報登録システムを開発した.本システムをGPS内蔵PDA上で作動させ,既存の情報収集手法と比較し,システムの有効性を検討した.

4F-21 丹沢大山地域における渓流環境の多面的評価手法の検討
 鈴木 透,笹川 裕史,山根 正伸,羽太 博樹
森林が持つ多面的機能は森林域の景観構造に左右されると考えられる.特に沢を含む渓流流域については堰堤の設置など人為的改変がなされる場合が多く,機能を大きく変化させていると考えられる.そこで,丹沢大山地域における渓流流域について,景観構造を分類し,景観構造と森林の多面的機能の関連性に関して分析を行った.さらにそれらの結果を基に,自然再生における渓流環境のモニタリング手法を検討した.

4F-22 API公開型の地理情報配信サービスを活用したWebGIS構築とその課題
 瀬戸 寿一,桐村 喬,矢野 桂司
「Google Maps API」を中心として,Webを活用した地理情報配信サービスのAPIを無償で公開する流れが,近年において世界的かつ急速に進んでいる.日本国内でも「電子国土Webシステム」など独自のサービスが構築され普及し始めている.本研究では現在日本で普及しているAPI公開型の地理情報配信サービスを幾つか取り上げ,その諸特徴を比較し,実際のWebGIS構築におけるシステム上の課題を示す.

4F-23 山間地集落の人口構造と森林分布の関係  -京都府旧和知町における農家人口と23年間の森林変化-
 竹内 道也,二川 夏紀,櫻井 聖悟,伊藤 達夫
山間地域においては,農業は自給的で,現金収入は特用林産物や薪炭に頼っていたために,森林と人は密接に関わっていた.そして,山間地集落における人口流出と高齢化は,耕作放棄地の森林化や竹林の増大といった森林変化を引き起こしている.そこで,本研究では,集落を単位として,森林と密接に関わってきた農家人口の変化が森林分布にどのような影響を与えたか明らかにすることを試みた.

4F-24 アンコール遺跡に生残する樹木の個体群構造と空間分布の景観生態学的評価
 富田 瑞樹,平吹 喜彦,荒木 祐二,リー ボラ,塚脇 真二,パオ ハン
本研究は,アンコール遺跡景観の構成要素である樹木の個体群構造と空間分布を明らかにし,景観に対する寄与度を評価することを目的とした.アンコール遺跡の一つであるプレアカン寺院に生育する胸高直径40cm以上の樹木について種名・サイズ・樹冠面積・幹位置などを調べ,QuickBird衛星画像上に表示した.寺院中央に至る通路沿いには樹高40mを超えるフタバガキ科樹木が,寺院中央部にはイチジク科樹木が優占し,特異な景観を構成していた.

4F-25 住民ワークショップによる地域協働のまちづくり活動支援と地域情報整備
 原 悠樹,稲葉 佳之,横山 夏来,本迫 晋,厳 網林
全国の地域協働のまちづくりは地域情報を共有するツールとして,Webや地域SNSによる情報プラットフォームを構築している.しかし情報プラットフォームはコンテンツの整備や地域主体の参加に問題を抱えている.そこで本研究は住民ワークショップを実のプラットフォームとした民官学の協働体制を通して,地域の魅力や課題といった情報を収集し,WebGISでサービスすることを通して,地域活性化を支援することを実現した.

4F-26 WebGISを用いた野生動物目撃情報登録システムの開発
 山根 正伸,鈴木 透,笹川 裕史,雨宮 有,羽太 博樹,金子 正美
自然再生において多様な主体の参加と協働による生物情報などの継続的な収集・更新は必要不可欠である.そこで本研究では,丹沢大山地域においてWebGISを用いた生物の目撃情報の登録システムを開発した.さらに,利用が想定される主体の研修や試験公開を通してWebGISによる情報収集システムの有用性と課題について検討した.

4F-27 空間情報の相互運用技術と携帯電話を活用した個人防災行動支援システム
 臼田 裕一郎,長坂 俊成
平時の地域コミュニティ形成や社会的なネットワーク形成を支援するWeb-GISを活用し地域防災力向上に向けたリスクガバナンスを再編する実証実験について報告する.

4F-28 リスクガバナンスのための相互運用型コミュニティWEb-GISの活用事例
 長坂 俊成,臼田 裕一郎,前川 加奈子,増田 和順,岡田 真也
近年,ハザードマップ等の災害リスク情報の公開・配布が進められてきている.ただし,これらはその場所に住む住民には配布されるものの,通勤・通学や通過,出張,旅行等で訪れる者にとってその情報を得ることは容易ではない.そこで,本研究では,空間情報の相互運用インターフェイスであるWMSとWCSを活用し,ユーザがいる位置に合わせた災害リスク情報を携帯電話上で確認できるシステムの開発に着手した.


Session 1G 教育(GIS教育ツール) 司会:鈴木 勉

1G-1 フリーオープンソースカタログサービスソフトウェアを使った地理空間情報Webサービスの統合
 尾野 久二,村山 祐司
筑波大学村山研究室はこれまでWebによる地理空間情報サービスを提供してきた.その内容は人口, 産業,土地利用,地形など多岐にわたる.これらのサービスは,当初のJava言語で開発したものから,最近のMapserverベースのものがあり,また,それぞれ目的に応じてユーザーインターフェースが異なる.またユーザの見たいデータの所在も検索しやすくする必要がある.そこで,これらを解決するため,オープンソースの地理情報カタログサービスソフトを導入して,これらの問題の解決を図って統合化を試み,一定の成果を得た.

1G-2 GIS教育のための地理情報ポータルの構築と活用
 王尾 和寿,村山 祐司
筑波大学では,これまで学内に分散して蓄積されてきた地理データを,共有・公開し相互利用できる環境を整えるとともに,地理情報科学教育における教材として利用するため,地理情報に関する統合的ポータルサイトを構築している.本研究ではその利用方法やデータの取得・操作およびWebGISによる分析結果の共有・公開などについて,具体例を挙げながら解説し,その活用方法と可能性,課題について論じた.

1G-3 GIS教育のためのE-Learningシステムの開発と実践
 渡辺 俊
本研究では,インターネットを活用した地理情報システムの効果的な教授法について議論する.具体的には,これまで利用してきた課題毎に操作手順をシーケンシャルに紹介し学生にトレースさせるだけの設計を改め,GISの操作を構造化して示すとともに履修に関る手続きを全て電子化したe-learningシステムの開発について紹介する.また,同システムを活用した教育の効果について,ログ解析と授業評価の結果から考察する.

1G-4 ネットワークデータを用いた空間分析のためのウェブ教材の開発
 奥貫 圭一,塩出 志乃,岡部 篤行
本研究では,研究プロジェクト「地理情報科学の教授法の確立―大学でいかに効果的にGISを教えるか―」の中で行われたウェブ教材開発について報告する.開発した教材は,道路網のようなネットワークの上での空間分析を教えるためのものである.分析はSANET(Spatial Analysis on a NETwork)と呼ばれるソフトウェアを利用すれば実現可能である.本研究では,SANETの利用を前提に置き,教材を開発した.

1G-5 地理情報科学の教授法の確立 -筑波大学の取り組みと今後の課題-
 村山 祐司
今日,GISはツールとしての地理情報システム (Geographical Information Systems)からサイエンスとしての地理情報科学 (Geographical Information Science) へと進化を遂げており,大学においてGIS教育はその比重を増している.本報告では,4年間にわたる科研費(基盤研究A)の研究成果にもとづき,大学における地理情報科学の効果的な教授法やカリキュラム,教員組織のあり方などについて検討する.


Session 2G 都市・地域分析(都市環境) 司会:平田 更一

2G-1 寒冷地域の都市内部における土地利用情報と地質情報の時空間分析
 橋本 雄一,川村 壮
本研究は,寒冷地域の都市内部における土地利用情報と地質情報の時空間分析を行うことを目的とした.そのために,札幌市を対象として,都市計画基礎調査データと札幌表層地盤図(2m深図)を資料とし,これらの情報を総合的に管理できるデータベースを開発して分析を行った.その結果,寒冷地域の都市における土地利用の時系列的な変化には,泥炭層の分布の影響が強く見られることを明らかにした.

2G-2 衛星リモートセンシングによる都市の地表面熱慣性の導出手法
 平野 勇二郎,稲村 實,外岡 秀行,井村 秀文
本研究の目的は衛星リモートセンシングデータを用いて,都市における地表面の熱慣性を計測する手法を提案することである.このため,まずリモートセンシングによるアルベド・射出率および気象データから地表面温度を算出する1次元熱収支・熱伝導モデルを構築した.次にこのモデルによる計算結果とリモートセンシングによる日中・夜間の表面温度とを合わせる形でパラメータ同定を行い,熱慣性を導出した.

2G-3 観測時期の異なる地球観測衛星データを用いた不透水面率の推定
 熊谷 樹一郎,植松 恒
現在,ヒートアイランド現象や都市型洪水などの都市環境問題が注目されている.これらは長期間にわたった都市化にともなうコンクリートやアスファルトなどの不透水面の増加と深く結びついていると指摘されており,現象を把握する基礎データの1つとして不透水面の分布状況を広域的に調査することが望まれる.本研究では,1984年と2000年の地球観測衛星データに混合スペクトル分析を適用することで,各々での不透水面率の推定を試みた.

2G-4 延焼遮断機能に着目した植生分布の分析精度向上の試み
 熊谷 樹一郎,伊勢木 祥男
近年,景観や防災,環境問題などが重視され,都道府県や市町村ではそれらを考慮した計画の策定・実施を進めている.一方で緑道や延焼遮断帯など,植生の空間的な分布が担う役割を具体的に言及した事例は少ない.著者らは植生の延焼遮断機能に注目し,それらを定量的に表す方法を開発してきた.本研究では,従来の延焼モデルに地盤高を取り入れることで,延焼における地形の影響を比較・分析するとともに,植生分布の分析への導入を試みている.

2G-5 道路交通からの人工排熱に着目した都市型ヒートアイランド関連施策の効果に関する研究 ―東京23区を対象として―
 今井 康平,山本 佳世子
近年,世界各地の特に都市地域において,ヒートアイランド現象の強度が強くなっていることが深刻な問題となっている.そこで,本研究は東京23区を対象として,道路交通からの人工排熱の軽減のために官民で実施されている諸施策の効果についてGISを利用して分析し,ヒートアイランド現象を緩和するための改善策を提案することを目的とする.具体的には,GISを用いて独自の道路交通データを作成し,これを基に道路交通からの人工排熱に関連した諸施策の効果を把握する.


Session 3G 普及・活用(行動・協働支援) 司会:玉川 英則

3G-1 GISを活用した第Ⅲ期京町家まちづくり調査
 飯塚 隆藤,井上 学,矢野 桂司,高木 勝英,西 天平,森川 宏剛
2008・2009年度に,京都市内の中心部や旧街道筋に現存する京町家を対象とした大規模かつ広範囲の第Ⅲ期京町家まちづくり調査が計画されている.そこで,本研究ではこの大規模調査に先駆けて行われた,4地区を対象とする事前調査の内容を報告する.現地調査においては,PDAや写真を組み入れたGISなどを導入することで,調査手法の精度向上や作業時間の軽減などの改善が試みられた.本発表では,GISを活用した効率的な大規模調査方法の提案と,京町家GISデータベースの構築の概要が示される.

3G-2 問題解決型参加活動におけるGIS利用の考察
 今井 修
これまで市民参加とGISについては利用形態や人材育成に関する発表を行ってきたが,市民参加活動の目的にあわせて発見型と問題解決型に整理することにより,必要な機能が異なることを明らかにし,GISが主として発見型に用いられてきたことを示す.さらに,活動の継続性と深化のためには,問題解決型へ移行することが求められているが,そのために必要となる仕組みや機能を整理し,その中でGISの役割を考察した.

3G-3 オブジェクト指向による行政領域の階層的表現の有効性について-「MANDARA」への実装を通じて-
 谷 謙二
市区町村を構成要素とする領域には,県,郡,保健医療圏など様々な種類があり,階層的に関連づけることが可能であり,上位の区分の領域から,市区町村など下位領域を参照することで,データの作成が容易になり,時間変化にも対応しやすい.本研究では,オブジェクト指向に基づいて行政領域データを階層的に管理することの利点を,地理情報分析支援システム「MANDARA」への実装を通じて明らかにする.

3G-4 電子国土Webシステムによる地域安全マップの活用の試み-小学生による通学区域内の危険箇所調査をもとに-
 鶴成 悦久,山﨑利夫,小川 領一,平 瑞樹
最近,子どもたちが事件・事故に巻き込まれる現状が多発している.そこで,小学生が主体となって子どもの視点から通学区域内の危険箇所や安全箇所を調査し,それらをマップ上に表した.さらにその結果を,電子国土Webシステムを利用しWebGISで表現した.行政の道路補修計画への反映やPTA・教育委員会による防犯活動等において,このWebGISは幅広く利用された.本稿ではこうした一連のプロセスを提示し,活用例を紹介する.さらに子どもの視点でまとめた危険情報の特徴と課題点を明らかにする.

3G-5 矢印を用いた情報提示による垂直方向の行動支援ツール
 大目 晃弘,有川 正俊
本論文では,特に垂直方向に着目し,コンパスのように方向を用いてその場での行動支援を行う手法を提案する.従来の地図を用いたナビゲーションシステムの枠組みは,地下や各階のフロアなどの空間領域が異なる垂直方向のナビゲーションが困難であることに加え,認知地図の生成はユーザにとって大きな負担である.一方,提案手法は,地図ではなく,矢印による情報提示によって,ナイーブな認知地図の生成を支援し,この負担を軽減する.


Session 4G 景観・3DGIS(都市景観) 司会:古藤 浩

4G-1 横浜関内地区3次元webGISの構築  -3次元webGISにおける簡易な街並み再現方法の開発 その1-
 番匠 俊允,渡辺 祟人,住田 大樹,吉田 俊,大栗 愛子,歌代 和男,マット・カールソン,上平 好弘,後藤 寛
横浜市関内地区全域を対象に,3次元webGIS上の建築物に壁面写真を貼り付ける方法で街並みを再現した.3次元GIS 上にレーザプロファイラデータをもとに建物をモデリングし,対象地域の建物のすべての壁面についてデジタルカメラで撮影した壁面写真を加工して貼り付けるプロジェクトの概要およびそのための体制の組み方の工夫と,その中で得られたデータ取得・加工・作成方法の知見を報告する.

4G-2 3次元webGISに向けた街並み再現のための画像処理のあり方  -3次元webGISにおける簡易な街並み再現方法の開発 その2-
 渡辺 祟人,大木 孝,小松 敦,寺澤 紗裕里,西井 祐貴,羽山 慎一,山田 佳奈,関根 隼人,後藤 寛
3次元GIS 上に建物のすべての壁面について,デジタルカメラで撮影した壁面写真を画像処理ソフトで加工して貼り付ける方法で街並みを再現した.デジタルカメラでの撮影方法の工夫,それを画像処理ソフトで補正し,複数を合成して壁面の立面写真を再現するというプロセスを経たが,そのための各段階での工夫およびフィードバックして作業効率を高めた知見について報告する.

4G-3 都市景観における連続性の数量的記述法
 舛野 拓也,田中 一成,吉川 眞
景観の魅力を演出する特性のひとつとして,眺望景観や夜景,草原などに見られるような,線的な連続性がある.都市内部においても,建築高さの統一や直線道路,並木の配置などにより連続した街並みが演出される.本研究では,橋上景観を対象として,空間情報を用いて水面や樹木などの景観構成要素や色彩の連続性を数量的に記述することを目的としている.ここでは特に3次元の空間情報を用い,都市空間の連続性を分析・把握した.

4G-4 神戸における景観分析
 竹内 陽,吉川 眞,田中 一成
神戸では,阪神淡路大震災の復興事業事業の一つである「神戸夜景百選」,景観の向上を高めることを目的とした「景観ポイント賞」などの景観に関わるさまざまな事業が行われている.そこで,神戸夜景百選を類型化することで神戸の景観の典型的な見方を把握し眺望型,展望型の景観を抽出している.さらに可視・不可視分析を用いて可視域を特定し,その意味を考察している.


Session 1H 教育(GIS教育と地域連携) 司会:奥貫 圭一

1H-1 「冬の通学路状況調査」実践と展開
 小野寺 徹
2年生地理では「冬の通学路状況調査」をテーマに豪雪地帯である滝川市の除排雪状況を調査し,GISによって地図化した資料をもとにその解決方法を考えた.この実践を通してGISの活用方法について研究した.

1H-2 GISを活用した環境教育 -大阪府立高専の総合工学実験実習における試み-
 山野 高志
環境教育の充実,とくに若者への環境問題の意識付けを行うべく様々な教育方法が実践されており,大阪府立工業高等専門学校においても身近な緑地を用いた環境調査が行われてきた.筆者はさらにGISを用いることで調査結果を空間補間により視覚化し,さらに時系列分析を行うなど,学生の興味を引き,考える力の育成を試みている.本稿では総合工学実験実習・環境調査における,GIS活用に関する組みについて報告する.

1H-3 Googleマップと古地図を用いた地域学習支援システムの開発とその応用検討
 工藤 彰,齊藤 巖,市川 尚,窪田 諭,阿部 昭博
高校の教科「地理A,B」には地域学習の項目がある.しかし,教育現場が抱える問題や技術的な問題があり実践が難しい分野・領域となっている.そこで本研究では,現在の地図(Googleマップ)と古地図を比較して町並みの変遷を学習する地域学習支援システムを開発した.高校での試用の結果,授業で利用できる操作性と有用性を持つシステムであるとの評価を得た.さらに,本研究を基にして市民団体などが行っている地域学への活用を提案する.


Session 2H 都市・地域分析(商業・立地分析) 司会:橋本 雄一

2H-1 テナントスケールの時空間都市データセット開発とそれを用いた将来再開発地域の推定
 秋山 祐樹,澁木 猛,柴崎 亮介
本研究では複数年分の電子住宅地図と電話帳データを独自の時空間統合技術を用いて統合し,テナントスケールで都市の変遷を観察出来るデータセットを開発した.任意時点間のテナントの変化,3次元的な位置情報,,詳細な業種情報が観察出来る.さらに本研究では本データセットを用いた分析例として将来再開発地域の推定を行なった.公示地価との突合せも行い,将来的に投資ポテンシャルが高まる地域の予測を試みた.

2H-2 パーソントリップ調査データを活用した人の流れの時空間的な詳細化
 佐藤 圭一,関本 義秀,柴崎 亮介
ある地域内における人々の動きに関する調査・計測の実データをビジネスレベルで流通可能にするために作成された,大量のデータの品質を揃え調査・計測からデータの加工・蓄積,表示・提供に至るまで一連の流れをバランスよく効率的に処理できる動線解析プラットフォームによって補間加工されたパーソントリップ調査データの精度・現実再現性を検討する.

2H-3 建物立地と建物用途情報を用いた商店街の時空間変化の解析
 相 尚寿,貞広 幸雄,浅見 泰司
本研究では詳細な建物データを用いて, 近隣商店街に代表される中規模商業集積の建物立地や用途変化を定量的かつ時系列的に解析することを試みる. 分析の基本単位を線的な沿道単位に設定し, 建物立地および用途の分布傾向の時間変化を概観する. さらに再開発事業の進捗や地価変化などから建物立地傾向と用途変化に関する仮説を導く. 沿道単位の分析を踏まえ, 沿道の集合として商店街を捉えたとき, 建物の立地傾向の変化を捕捉する解析手法を提案する.

2H-4 ジオデモグラフィックスを用いた高級スーパーマーケットの立地分析 ‐東京都を事例として‐
 草野 邦明
本研究では,東京都における食料品などの最寄り品を取り扱っているスーパーマーケット(以下,スーパー)の中から,高級スーパーと一般スーパーを研究対象として取り上げ,商品構成を調べるとともに,ジオデモグラフィックスの方法を利用して,周辺住民の属性から高級スーパーの立地環境を明らかにする.調査結果から,高級スーパーは一般スーパーに比べ,嗜好品に対して商品数が多いとともに,価格帯が高いことが明らかになった.

2H-5 GIS への空間的最適化エンジンの組込開発
 田辺 隆人,佐藤 誠,多田 明功,藤井 浩一,貞広 幸雄,貞広 斎子
本研究では,郵便局やコンビニエンスストア等の施設配置計画を,GISで対話的に立案することのできる,計画立案支援システムを提案する.このシステムでは,最適化計算実行,条件・パラメータ入力,計算結果の GIS 上への表示,これら一連の動作をシームレスに実行可能である.論文では,本システムを用いた解析結果を紹介しながら,意思決定手段としての数理計画の有用性を論じ,あわせて,本システムの今後の展開の可能性についても提案する.


Session 3H 普及・活用(普及・システム開発) 司会:今井 修

3H-1 オープンソースソフトウェアによる人口動態分析のためのWebGISの構築
 藤野 友和,高尾 佳子,片岡 恭一郎
発表者らの研究グループは,福岡県保健環境研究所が管理する人口動態データの有効活用と地域住民への提供を目的としたWebGISに関する研究開発を行っている.低コストで将来的な拡張にも柔軟に対応できるシステムを構築するために,データベースや統計解析エンジンなど,システム全体をオープンソースソフトウェアにより構成している.本報告では,その構築方法や,システムに実装した視覚的な分析ツールについて紹介する.

3H-2 ユビキタスID技術を利用した地図配信サービスの構築
 岩崎 秀司,盛田 彰宏,本間 克哉,中崎 豊
近年普及している地図配信サービスでは,位置特定方法としてGPSが多く利用されている.しかしGPSでは屋内や地下空間で位置特定ができないなどの問題がある.そこで,位置の特定や場所ごとの情報提供にユビキタスID(ucode)技術を組み込んだ,地図配信サービスを提案し構築した.その結果,(1)位置取得におけるGPS技術の補完,(2)設置したタグの管理負担の軽減,(3)柔軟性の高いコンテンツ配信機能の効果を得ることができた.

3H-3 携帯型メディアプレーヤにおける地図動画によるオーディオツアーの提案
 鶴岡 謙一,有川 正俊
本研究では,ユーザがまちの音声案内を行えるように,携帯型メディアプレーヤにおけるナレーション(オーディオ)と地図によるオーディオガイド(maPodWalk)を実現した.オーディオガイドの地図には,オーディオに同期した現在位置や地物ラベルが表示される.また,本研究では,ユーザによるmaPodWalkの共有のために,maPodWalkの制作ツール(maPodWalk Maker)を開発した.これにより,ユーザはmaPodWalkの制作を手軽に行うことができ,地図とオーディオを統合したコンテンツ共有の枠組みを実現した.

3H-4 知識共有型水稲気象被害軽減システムの提案 -WebGISと携帯電話の連携による農業支援-
 佐藤 匠,南野 謙一,黒沢 惟人,佐々木 哲也,渡邊 慶和
東北農業研究センターでは水稲冷害早期警戒システムを運用している.しかしながら,個々の生産者の圃場や品種に対応できないことや,警戒・対策情報を必要なときに取り出せない問題がある.本研究ではWebGISと携帯電話を用いて,生産者及び東北農業研究センターの知識をベースとした警戒情報や対策情報をいつでも,どこでも提供できる知識共有型水稲気象被害軽減システムを提案する.本稿では,システム開発とモニターによるプロトタイプ評価について述べる.

3H-5 GISを用いた柱上変圧器の負荷推計モデルの構築
 蓮井 久美子,中島 健二,園山 実,石田 雅宏
柱上変圧器は設備数が非常に多く,一台あたりは微小でも全体では莫大な損失=環境影響を生じるため,利用実態に即した負荷推計モデルの構築,および,それに基づいた管理が望まれる.柱上変圧器にかかる負荷は需要家の電力消費に影響を受け,需要家の電力消費は契約条件や気温・日中時間等の影響を受ける.本発表では,負荷測定データに基づく気象条件等の影響に関する分析の結果,およびそれらを用いた推計モデルの構築について報告する.


Session 4H 景観・3DGIS(景観・3DGIS) 司会:大佛 俊泰

4H-1 景観管理システムとしての3次元webGISの構築方法について  -3次元webGISにおける簡易な街並み再現方法の開発 その3-
 岩田 隆一,井澤 有里絵,今泉 麻美,丁 智香子,舟木 岳志,森山 育幸,歌代 和男,後藤 寛
横浜関内地区の3次元webGIS による街並み再現は,横浜市役所による景観管理・指導システムのために開発した.その目的達成のために3次元GISを景観管理に特化させるための機能およびインターフェイスのさまざまな改良が求められ,また専門技術を習得していない職員でも利用できるようにシステムも改良した.意見交換のフィードバックを繰り返してそれを構築してきた概要およびそこから得られた知見について報告する.

4H-2 八戸市中心街を事例とした3次元webGISにおけるより簡易な街並み構築方法の追究  -3次元webGISにおける簡易な街並み再現方法の開発 その4-
 後藤 未亜,番匠 俊允,上平 好弘,歌代 和男,マット・カールソン,後藤 寛
青森県八戸市の中心街を対象に,地上から撮影したデジタルカメラの写真のみで3次元GIS上に簡易に街並み再現を試みるプロジェクトを行った.その結果,精度は不十分ではあることは承知の上で,ビューワとして利用するにはじゅうぶんなシステムが構築できるという結論に至った.小規模自治体等さまざまな主体でローコストに3次元GISを導入できるようになることを目指して,その際の工夫および知見について報告する.

4H-3 商業地と工業地の景観とあかり
 佐藤 樹,吉川 眞,田中 一成
近年,景観という概念が広く知られるようになり,自然景観のみならず人工景観に対する関心も高まっている.そこで本研究では,夜間における都市景観、なかでも商業地と工業地の景観に着目した.GISを用いて,阪神地域の商業地・工業地それぞれの地理的分布を把握するとともに,それぞれの代表的な施設を選定してCAD/CGにより3次元モデルを構築している.このモデルを用いて商業地・工業地の景観、とくに夜間景観に重点をおいたシミュレーションへと展開している.

4H-4 嵐山・嵯峨野における竹林景観の分析
 仙波 拓也,吉川 眞,田中 一成
竹林は古くから日本の風景に不可欠な要素として美しい景観を形成し,維持・管理されてきた.とくに,京都では竹林の緑が寺社仏閣の景観に趣きを添える大きな役割を担っており,景観資源,ひいては観光資源ともなっている.そこで本研究では,景観として保全,維持・管理されてきた竹林が人々に与える影響を明らかにすることを目的としている.空間情報技術を活用して,マクロな観点とミクロな観点の両面から分析を行い,竹林景観にアプローチしている.